芸能から街の噂までおもしろそうな話題をお届け!

いま話題のトレンドニュース

iPhone TV 未分類 都市伝説

米軍が… UFO目撃調査を作る!?

投稿日:

sponsoredlink

米軍が… UFO目撃調査を作る!?

米海軍が“正体不明の飛行機”、いわゆる UFOとの遭遇に備えて、

新たなガイドラインを作成したことが明らかとなったらしいです。

このところ相次ぐ目撃報告に、ついに米軍も真剣な取り組みを始めたようですね。

2007年にワシントン・ポストの記者が設立して、

ピューリッツァー賞(時事漫画部門)の受賞経験もあるなど、

世界的にみてもある情報機関レベルで信頼できるアメリカ政治ニュースサイトの、

Politico(4月23日付)の記事によると、この新ガイドラインは、

すでにパイロットらに周知されており、海軍情報局の幹部による説明会も開かれたとのことです。

米海軍はこのガイドラインで、正体不明の飛行機…、

つまりUFOと遭遇したパイロットらから情報を収集して、

分析・評価するためのプロセスを正式なものとしたのです。

 

 

 

 

アメリカ海軍及び空軍に無許可あるいは正体不明の航空機が侵入したと複数の報告が…

アメリカ海軍及び空軍はPoliticoの取材に対し、新ガイドライン作成の目的を次のように説明しています。

近年、無許可あるいは正体不明の航空機が、アメリカ海軍及び空軍の管理している、

地域や空域に侵入したという複数の報告があるそうです。

クローン人間…あの国が最先端!?

安全性とセキュリティ上の懸念から、アメリカ海軍、および空軍では、

これらの報告を非常に真剣に受け止め、全報告を調査しています。

ここ数年、アメリカではパイロットによるUFOの目撃事件が多発しています。

sponsoredlink

たとえば、2018年のアリゾナ州のUFOビーム事件や、

ラスベガス上空UFO目撃事件など、元国防総省職員で上院情報委員会の一員でもあった、

クリストファー・メロン氏によると、アメリカ海軍及び空軍はUFOではなく、

原因不明の空中現象(unexplained aerial phenomena、UAP)という呼称を用いているそうです。

5Gのヤバ過ぎる実体だとか…!?

 

 

 

この UFOガイドラインは…公にはなっていない…!?

現時点では、UFOやUAPは調査すべき異常ではなく、無視すべき異常と扱われています。

しかし、この新ガイドラインはそのような状況の変化を示しています。

これまではどう扱うべきかわからずに無視していたものを、

これからは正式に取り扱うという“宣言”とも言える訳です。

なお残念ながら、この新ガイドラインの詳細な内容はまだ公にされていないとか…。

ある人が暴露!地球には宇宙人の基地がある?!

アメリカ海軍及び空軍は表向きUFOにエイリアンが搭乗して、

地球に対する侵略的行為を行っているという考えには否定的です。

しかし、経験豊富な軍人による信頼性の高い報告が続いたことから公式に記録して、

研究する必要性があることを認めたのでしょうか…。

このスタンスの変化が今後どのような展開を招くのか、今後の動きを見守っていきたいですね…。

プレスリー生存説…やっぱホント!相次ぐ目撃情報が?!

sponsoredlink

-iPhone, TV, 未分類, 都市伝説
-, , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,

Copyright© いま話題のトレンドニュース , 2019 AllRights Reserved.