芸能から街の噂までおもしろそうな話題をお届け!

いま話題のトレンドニュース

iPhone TV お笑い スポーツ 未分類

公開されたCIA機密文書に物凄いことが…!?

投稿日:

sponsoredlink

公開されたCIA機密文書に物凄いことが…!?

1960年代にいくつかの著作をリリースした謎の作家がいます。

聖書の世界を独自に解釈して世に警告を発した異才、チャン・トーマス氏です。

彼の著作を通じて繰り返し主張されていることは…、

地球上では定期的に“ポールシフト”が起り、地上は破滅と再生を繰り返してきたと…。

そして彼の著書である、The Adam and Eve Storyの1冊が、

こともあろうにCIAの倉庫に機密指定文書として2013年まで、

公の目に触れる事なく保管されていたのですが…いったいどういう事なのでしょうか…?

1965年刊行のThe Adam and Eve Storyの内容は、

聖書に描かれている大洪水が再現する今後の地球に訪れる、

大惨事についてトーマス氏の持説が展開されているそうです。

この話題をとりあげた英紙Daily Starは、実はトーマス氏は、

米空軍のためのプロジェクトに取り組んでいるUFO研究者であったのだと暴いています。

 

 

 

 

ポールシフトの他にノアの方舟やキリストの事まで…

CIA文書の中の本書の表紙の左上には手書き文字が記されていますが…、

検閲によるものなのか付箋で隠されていて判読は難しいのです。

しかし良く見ると「for Art L. from…」とあり、

誰かが知人などに寄贈したものである形跡が汲み取れます。

そして何らかの事情でCIAに押収されたのです。

トーマス氏は“ポールシフト”が近いうちに起ることを著作を通じて主張していましたが、

地球上の生命を破滅に導くポールシフトは7000年周期で起っているのだと説明しています。

天皇家とユダヤ人の不思議な関係とは…?

聖書に描かれるノアの方舟がサバイバルした大洪水も、

ポールシフトの結果に発生したものであると言っています。

そしてトーマス氏はイエス・キリストについても言及していて、

キリストは我々のイメージにある預言者的な人物ではなく、

インドで教育を受けた学者であったということです。

学者としてキリストは来たる人類の災難を予測して、

終末の時のために人々に準備を呼びかけたらしいです。

そしてもちろん、最後の大惨事はポールシフトによる大洪水だそうです。

トーマス氏によれば、キリストの最期の言葉はヘブライ語やアラム語ではなく、

インドで習得した言語らしく…、私は気を失いつつある。

私は気を失いつつある。暗闇が迫っている…と、

インドの言語でキリストは口ずさんだというのです。

そしてトーマス氏はキリストが天に昇ったとされている日曜日の復活祭の日に、

彼は実際には“宇宙船”によってピックアップされたのだと説明しています。

本書のタイトルのThe Adam and Eve Story(アダムとイブの物語)は、

聖書の創世記の物語が大洪水による“前の文明”の崩壊と再生の、

たとえ話であるというトーマス氏の評価に基づくものであるということです。

sponsoredlink

彼によれば、我々の太陽系が数千年ごとに通過する天の川には“空白地帯(null zones)”があり、

そこを通過したときに地球の磁極が移動し環境の破滅的な激変を引き起こすらしいです。

数々の持説を展開するトーマス氏ですが、残念ながら…彼の主張のどれも、

今のところは歴史や科学によっては裏付けられてはいないんです。

こうした一連の“常軌を逸した”主張をしているにもかかわらず、

トーマス氏の著作がCIAの機密文書になっていたというのはいったいどうことなんでしょうか…。

5Gのヤバ過ぎる実体だとか…!?

 

 

 

そして最後にまたあの話題になった!?それは…宇宙人に会った?

トーマス氏はロバート・ウッド博士が率いる航空宇宙会社マクドネル・ダグラスによって

雇われたチームの一員であったと考えられるらしいです。

ちなみにウッド博士はその後に国際的UFO研究組織MUFONでの、

活動でUFOの著名な専門家の1人になっています。

ウッド博士は2007年のメディアの記事の中で、

UFOを研究するために雇った男性の一人としてトーマス氏の名前を挙げています。

ウッド博士はトーマスのことを、ETと接触していると主張したとか…、

きわめて革新的な…男として紹介しているそうですね。

しかし残念なことに、ウッド博士は彼の風変わりなふるまいのために、

トーマス氏を事実上“解雇した”と告白しています。

Dの意志・プルス・ウルトラの秘密とは…?!

だがトーマス氏のことを完全に独創的思考ができる人物であると一方では高い評価もしています。

どういうわけなのかトーマス氏の詳しいプロフィールについては…、

誰もあまり触れていない、The Adam and Eve Storyの巻末の著者略歴では、

大学を1943年に卒業したとあることから生まれは1920年前後で、

現在健在であるとすれば100歳前後の高齢者ということに…。

年齢からいえば逝去されている可能性は高いが、いまひとつ詳細な情報が入手困難に…。

だがもしトーマス氏が本当に、ETと接触しているのであれば、

地球外の先進技術で生き長らえているのかもしれず、

あるいはもはや、地球上にはいないということも…。

ネットユーザーに“発見”されたトーマスの人気は急上昇中で、

Google Trendsでの“チャン・トーマス”の検索数は、

過去12カ月で700%にも増えているということです。

米空軍のUFOプロジェクトに加わるような人物が、

どうしてCIAの機密文書に分類されるような著作を執筆したのかは、

まだまだ謎に包まれていますが、ご存知のように、

“ポールシフト”が近いと訴えるの彼だけではないです。

とすれば7000年に一度のポールシフトと大洪水まで、

我々に残された時間は本当に少ないのかもしれないですね…。

アメリカの大女優の死と繋がる宇宙人事件とは?

sponsoredlink

-iPhone, TV, お笑い, スポーツ, 未分類
-, , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,

Copyright© いま話題のトレンドニュース , 2019 AllRights Reserved.