芸能から街の噂までおもしろそうな話題をお届け!

いま話題のトレンドニュース

iPhone TV 未分類 都市伝説

ノストラダムスの予言はまだ続く!?

投稿日:

sponsoredlink

ノストラダムスの予言はまだ続く!?

つい先日、昭和の大ベストセラー『ノストラダムスの大予言』の著者である五島勉氏ですが…、

1999年人類滅亡説が外れたことについて謝罪しました。

子供たちには謝りたい。子供が読むとは思っていなかった…と。

ただし、日本で話題になったノストラダムスの予言はあくまでも、

五島説であって、ノストラダムス自身の記述とは異なる点に留意する必要があります。

1999年7の月の予言が外れたのは平成最大のオカルト事件と言っていいでしょうか…。

ではまず、五島氏自身の訳を以下に掲載します。

(以下引用)

一九九九の年、七の月
空から恐怖の大王が降ってくるだろう

アンゴルモアの大王を復活させるために
その前後の期間、

マルスは幸福の名のもとに支配するだろう。

(詩百篇 第10巻72番 五島勉氏訳)

 

 

 

ノストラダムスの大予言とは…核戦争!?それとも…?

見ての通り、上の詩のどこにも“人類滅亡”とは記されていないですよね…。

あくまで解釈サイドが勝手に想像を膨らませた結果に過ぎないのでは…。

ただ、そのような誤解が生じた背景は、五島氏の研究者としての技量以外にも、

時代的要因があったことが否めない。当時は東西冷戦の真っ只中です。

米ソの全面核戦争が現実的な恐怖として存在していて、

少し前の万博時代に人々が夢を膨らませた科学万能の明るい未来像に、

公害問題が暗い影を落とし始めた頃だったそうです。

都市伝説 神武天皇の謎とは…⁉︎

さらに“アンゴルモア”という訳語がよからぬ想像をかき立てたとか…。

一例を挙げると、アンゴルモアは残酷な征服者とのイメージの強いモンゴル帝国を想起させる…。

そこに当時、軍拡に邁進するソ連の姿が重なったのです。

また人類最初の核実験が行われたニューメキシコ州アラモゴードにも響きが似ていたために、

“大王”が核兵器の暗示に聞こえた人も多かったのです。

しかも、核ミサイルだと考えるなら、空から降ってくるほうの、

“恐怖の大王”とも整合する気がしてしまいますよね。

だから、五島氏も人類滅亡の原因の一つとして核戦争説を取り上げました。

その他にも、彼は彗星の激突や宇宙人襲来、はたまた超光化学スモッグ説まで紹介しています。

しかし、どうやら原文はアングーモワの大王と訳すべきだったようです。

これはフランス語に詳しい研究者の説であり、彼らから学んだ側…。

そして、フランスでは、南西地方にあるシャラント県の範囲を、

アングーモワと呼び…しかも、同地方を治めた“偉大な王様”が実在していました。

それがノストラダムスと同時代人のフランソワ1世(在位:1515~1547年)です。

ノストラダムスは、このフランソワ1世の次男にして、

ヴァロワ朝の第十代国王となったアンリ2世と大変懇意でした。

だから、当時のフランス人が予言集を読めば、

アングーモワの大王が誰のことを指しているのか、一目瞭然だったはずです。

しかし…予言詩には“恐怖の大王”なる、もう一つの大王の存在が記されています。

こちらのほうは誰を指しているのでしょうか…?

sponsoredlink

ある人が暴露!地球には宇宙人の基地がある?!

 

 

 

アンゴルモアの大王とは一体何か…?

ちなみに、研究者の山津寿丸氏によると、この、恐怖の…に当たる原文には、

複数の綴りのバージョンがあり、厳密にはその都度意味が変わってしまうらしいです。

したがって、ここではあくまで、恐怖の大王という通説の訳に従うものと…。

これは、実にズバリ恐怖の大王=イエス・キリスト説に立ちます。

というのは、恐怖の…という否定的な枕詞が、

あのイエスに付くはずがないと、疑問に思う人も多いでしょう…。

ビルダーバーグ会議、人類選別は始まっている…?!

しかし…イエスは確かに信徒にとって、恐怖の対象だったのです。

まず、この大王ですが、原文ではgrand Royと記されています。

英語でいえばグレート・キングで…つまり、恐ろしいが偉大な王でもある…というニュアンスです。

聖書に詳しい人なら分かると思いますが、イエスはしばしば、王になぞらえられています。

しかも、終末にやって来るとされる、審判の日に人々を裁く役割を担っています。

すると、人々にそのような審判を下す、大裁判官イエスは、

東洋でいう閻魔大王よりもはるかに怖い存在であり、

当然、恐怖の対象と考えられても不思議ではないのです。

カトリックのミサでは、イエス・キリストを指して、

 Rex tremendæ:レックス・トレメンデと称することがああります。

Rexはラテン語の“王”です…一方、tremendæに相当する正確な日本語はないらしいです。

しかし…英語のtremendousの語源といえば何となく意味が分かるのでは…。

英語のtremendousは…巨大な、とてつもない、恐ろしい、凄まじいの意味です。

日本語では、恐るべき御稜威(みいつ)の王などと訳されます。

この、みいつとは、御威光のことで、普通は神や天皇にしか使われないとか…。

しかし、これは日本的な権威付けの表現であって、

直訳なら、とてつもなく恐ろしい王…くらいが妥当ではないでしょうか…。

要するに、キリスト教圏では審判者イエスを指して、そういう表現すら用いるのです。

そう考察すると、恐怖の偉大な王とは、キリスト教に強力に支配されていた、

当時のフランス人の、畏怖を込めたイエス像にぴったりであるとは言えないでしょうか。

このように、アンゴルモアの大王と恐怖の大王が具体的に何を指すのかが分かれば、

1999年の詩…が決して人類滅亡を予言するものでないことも分かるはず…。

繰り返しますが…1999年人類滅亡説はあくまで「五島説」に過ぎないのです。

人間選別始まる…2018年から始まる!?

sponsoredlink

-iPhone, TV, 未分類, 都市伝説
-, , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,

Copyright© いま話題のトレンドニュース , 2019 AllRights Reserved.