芸能から街の噂までおもしろそうな話題をお届け!

いま話題のトレンドニュース

iPhone TV 未分類 都市伝説

宗教戦争は聖書に予言されていた?!その裏には…宇宙人が?

投稿日:

sponsoredlink

 

宗教戦争は聖書に予言されていた?!その裏には…宇宙人が?

新たな冷戦の予兆なのか…第三次世界大戦の火蓋が、

切って落とされるまで、もう時間がないかもしれない…。

すでに聖書において、東西冷戦以来の現代世界の混乱が予言されていたらしいのです。

新たなる戦いと千年王国の幕開け、はたして我々は生き残ることができるのでしょうか。

聖書には歴史的出来事が予言されていて…とくに、

ヨハネ黙示録は世界の終末最終戦争が描かれているとか…。

黙示録によれば、その最終戦争と前後して新たなる世界…千年王国が訪れると…。

にわかには信じがたいけど、しかし、聖書のチェルノブイリ原発事故予言は有名ですね。

(以下引用)

燈火のごとく燃ゆる大なる星、天より隕ちきたり、

川の三分の一と水の源泉との上におちたり。

この星の名は苦艾(ニガヨモギ)といふ。水の三分の一は苦艾となり、

水の苦くなりしに因りて多くの人死にたり

(ヨハネ黙示録8章11節)

 

聖書って…予言書なの?!

天から落ちた“苦よもぎ”という名の星によって、人々が死に水も飲めなくなるという、

この描写は原発事故による水源汚染のことらしいです。

実は、苦艾:ニガヨモギと訳された言葉は、ウクライナ語では…、

チェルノブイリとなり、無論、聖書学者の間ではチェルノブイリと、

苦よもぎと同定することには議論が…、しかし、

素直に読めば、原発事故を指しているとしか思えないんです。

さらに恐るべきことに、この語の苦よもぎをヘブライ語に変換すると、

多神教に走った裏切りの罪を意味する語となります。

FBIがある太陽天文台を封鎖!何故?

唯一の神を信じない点では、無神論も多神教も大差ないのです。

つまり原発事故や核の恐怖は、神を信じないことの報い、

無神論や多神教への審判だと解釈もできるのではないでしょうか。

実は、このような聖書解釈を行う教会と、米国至上主義を掲げる、

トランプ政権を指示する米国の原理主義キリスト教の福音派は重なっています。

彼らは、人類救済におけるイスラエル民族の特権性を主張するそうです。

つまりユダヤ人の世界的な優越性を認める立場です。

既にご存知の方もいるとは思いますが、ユダヤ人の優越性を称揚する思想といえば、

偽書とされた『シオン賢者の議定書』ですよね。

世界支配を目論む議定書と原理主義、福音派の語る、

イスラエルの優越性、この不思議な一致は偶然でしょうか…?

そして、この福音派こそが、対ソ冷戦期以来、

無神論国家ソヴィエトを殲滅しようと核と宇宙に関する開発競争を煽り、

sponsoredlink

同時に、世界中に宣教師を派遣してきたのです。

それは来るべき最終核戦争ハルマゲドンに備えるためらしいです。

近年、全世界に広がった福音派のある牧師が衝撃的な告発をしている。

マヤ人宇宙人説…!?あるかもしれない?!

 

 

 

ある牧師は…他の惑星の宇宙人と主張…やはり宇宙的存在が関わっているのか?

登録者数25万人を誇るYouTuberでタイ人のスティーブ牧師は、

聖書に記された天使や悪魔などの霊的存在は、

なんと、他の惑星の“宇宙人”であると主張しています。

実は、彼だけでなく、英国の神学者であり聖人C.S.ルイスまでも、

同様の発想で惑星三部作と呼ばれる小説を書いていますが…これは偶然なのでしょうか。

第二次大戦時には、すでに円盤翼飛行機が開発されていました。

言うまでもなく冷戦期の米国政府が極秘裏に宇宙人と接触して、

その技術を応用して兵器開発を行ってきた可能性があります。

2017年には、米紙ニューヨークタイムスがペンタゴンの極秘UFO研究を暴露して、

元上院議員らがUFO研究のためにロビー活動していた事実が発覚しました。

ローマ教皇…宇宙人も洗礼する!?

何より、2019年4月にはアメリカ国防総省がUFOプロトコルを、

策定という衝撃的なニュースが報道されました。

いよいよ米国がUFO対策を公的に認めたのでしょうか。

では、一体、彼らは何と戦おうというのでしょうか…。

旧約聖書の創世記に、ユダヤ教、キリスト教、

イスラム教の始祖のアブラハムが出てきます。

その息子たちに、イサクとイシュマエルがいます。

イサクの末裔がキリスト教、イシュマエルの子孫が、

イスラム教だといわれ、聖書によれば両者の争いは避けられないみたいです。

始まった新たな冷戦…それはアブラハムの宗教の末裔たちによる、

千年王国王座を賭けた三つ巴の戦いになります。

金融資本グローバリズムによる経済支配を目論むユダヤ教、米国の軍事力と、

宗教による統治を狙うキリスト教、遠からず世界最大勢力となるイスラム教です。

核保有国をみれば、一目瞭然で、イスラエル・米・露・英・仏・パキスタン、彼らは、

アブラハムの宗教の国で、その他の保有国インド、中国、北朝鮮も彼らと緊張関係にあります。

そして、この戦いの背後には、古代に天使とも悪魔とも呼ばれた、

宇宙的存在がいるかもしれないのです。我々は苦よもぎの罪人として、

神の火で焼かれるしかないのか…世界の終わりが近付いているのでしょうか…。

日本がなんと…核を製造している!?

sponsoredlink

-iPhone, TV, 未分類, 都市伝説
-, , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,

Copyright© いま話題のトレンドニュース , 2019 AllRights Reserved.