芸能から街の噂までおもしろそうな話題をお届け!

いま話題のトレンドニュース

iPhone TV 未分類 都市伝説

アルゼンチンの空に…キリストが…?

投稿日:

sponsoredlink

アルゼンチンの空に…キリストが…?

イエス・キリスト“再臨”の前兆なのか…。イタリアに続いて、

アルゼンチンの空にも…巨大なキリストのシルエットが浮かび上がったのです。

南米アルゼンチンの都市サン・サルバドール・デ・フフイの上空に、

思わず立ち止まって見上げてしまうほどの見事な人の姿の”幻影”が出現しました。

そのシルエットは、両腕を広げて空中に佇むキリストそのものです。

曇り空の中でここの一部だけが明るく照らされて、

まばゆく輝く“キリスト像”をスマホで撮影したのは地元在住のモニカ・アラマーク氏…。

両腕を広げた姿で宙に静止するポーズは、まさに、

ルネサンス期の宗教画で描かれるイエス・キリストの姿ではありませんか…。

アラマーク氏がこの衝撃の写真をSNSに投稿するや、

たちまち多くの注目を集める“バイラル”な投稿画像になっていくのです。

コメント欄にはこの話題の画像についてさまざまな見解が書き込まれています。

 

 

 

 

イエス・キリスト再臨の前兆なのか…?

主はもうすぐ私たちのために再臨するでしょう。私たちは準備しなければなりません。

まさにイエス・キリスト再臨の前兆であるという見解がある一方…、

もっと不吉なことが起こると指摘する声もあるようです。

古代中国に…エイリアン=ドロパ族って何?

もし本当にイエスが戻ってきたら、何の価値もない私たちを全滅させるでしょう…。

私には単に雲を通り抜けた太陽光にしか見えません。

sponsoredlink

しかし、人々はそこに見たいものを見ているのです。

それでも敬虔なクリスチャンが多い同地では、

ポジティブにとらえる信者も少なくないようです。

私たちが己の道を歩み続けることができ、明日への、

より良い希望を持てる画像をありがとうございます…と話しています。

はたしてアルゼンチンの空に浮かんだ目をみはる、

“キリスト像”は、聖書に綴られた再臨の“予告編”なのでしょうか…。

宗教的な観点というよりも、もっと分析的な視点から、

この画像を検分しているユーザーもいるようです。

アメリカ空軍…宇宙人の技術を強奪!?

 

 

 

コルコバードのキリスト像に似てる?!

あるユーザーは、この“キリスト像”の頭部に…、

“月桂冠”までもが再現されていると指摘しています。

また別のユーザーは、この“キリスト像”はブラジルのリオデジャネイロを見下ろす、

コルコバードのキリスト像の姿に似ていると主張しています。

アルゼンチンで撮影されたこの雲を見てください。

リオの街を見下ろす巨大な救世主キリストの像のように見えます。

キリストと青森…どんな関係?!

ブラジルもアルゼンチンも共に敬虔なクリスチャンが多い国であり、

“キリスト像”のイメージはきわめて似通っていると言えるでしょう。

ちなみにコルコバードのキリスト像は1931年のブラジル独立100周年を記念して、

1922年に建設に着工し、予定通り1931年に完成しています。

高さ39.6メートル、両腕を広げた左右の長さは30メートルで重量は635トン。

内部は150人程が入れる礼拝堂になっています。

2007年7月には新・世界七不思議の1つに、20世紀の建造物としてはじめて選ばれています。

アルゼンチンの空に突如現れたこの“キリスト像”は天からの何かのメッセージなのでしょうか…?

そうだとすれば、その意味するものはそう遠くない未来のことなのでしょう…。

人類滅亡!?日本から救世主現る?!

sponsoredlink

-iPhone, TV, 未分類, 都市伝説
-, , , , , , , , , , , , , , , , , , ,

Copyright© いま話題のトレンドニュース , 2019 AllRights Reserved.