芸能から街の噂までおもしろそうな話題をお届け!

いま話題のトレンドニュース

iPhone TV 未分類 都市伝説

あと…数十日で人類滅亡!?その日は…?

投稿日:

sponsoredlink

あと…数十日で人類滅亡!?その日は…?

2019年6月9日、世界は終焉を迎える…米国のある牧師の主張が話題になっています。

英「Express」が今月22日付で伝えたそうですね。

このたび6月9日に世界は終わると予言しているのは、

米国の牧師ロナルド・ウェインランド氏なんですけど…。

6月9日は新約聖書で描かれた聖霊降臨の、ペンテコステの祝祭日に当たり、

ウェインランド氏によると、このタイミングに合わせて、

なんと…、イエス・キリストが再臨するらしいですね。

キリスト降臨の理由は、もちろん人類を救うことにあるのでしょうか…。

ウェインランド氏によると、6月9日の直前に世界的な核戦争が勃発して、

第三次世界大戦の惨禍から人々を救うためにキリストが再臨するということらしいです。

核戦争がキリスト降臨のきっかけとなりますが…、

それは“戦争”という人類の問題に介入し、止めることが目的なのです。

 

 

 

 

人類は本当にあと数十日で滅亡するのか?

あとたった十数日で世界は終焉の時を迎えてしまうのか…?!

実はこのウェインランド氏、過去にもほぼ同様の内容で世界滅亡の予言をしてるとか…。

2011年9月29日にキリストが再臨し、2012年5月27日に世界は、

第三次世界大戦により滅びる……という内容です。

イーロン・マスクは…火星人なの?!

知っての通り、この予言は当たらなかったがその後、2013年に滅びるという予言を出しています。

今回キリストが現れなければ、次の機会は2020年のペンテコステになるでしょうか…。

sponsoredlink

このように、予言が外れることを予期してか、

ウェインランド氏はあらかじめ予防線を張っているようです。

ちなみに2020年のペンテコステは5月31日に当たるとか…。

トランプ大統領と〇〇とUFOの関係?

 

 

最後の審判の前兆が現れている…そして終末はどのようになるのか?

ウェインランド氏の予言はさておくとしても、

近年、聖書を基にした終末予言がたびたび話題になっています。

イスラエルに赤い雌牛、死海の魚、嘆きの壁の蛇…など、

そんな、最後の審判の前兆が現れたという件もその一つです。

米国、ヨーロッパ、ロシア、そして中国と世界情勢が徐々にきな臭くなっている現在、

“第三次世界大戦”や“世界の終焉”という言葉が再びリアリティを持ち始めたのは確かです。

山手線はなぜ作られたか?陰陽師にまつわる話…

米国とイランの関係も、今や一触即発の状態だと指摘する専門家もいます。

終末予言を信じるか否かはともかくとしても、

そのような可能性があることは頭の片隅にでも置いておく必要がありそうなんでしょうか…。

2019年…女性預言者の重大な予言

sponsoredlink

-iPhone, TV, 未分類, 都市伝説
-, , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,

Copyright© いま話題のトレンドニュース , 2019 AllRights Reserved.