芸能から街の噂までおもしろそうな話題をお届け!

いま話題のトレンドニュース

iPhone TV 未分類 都市伝説

新たなエリア51発見?!

投稿日:

sponsoredlink

新たなエリア51発見か?!

世界一有名な秘密軍事基地エリア51は、米ネバダ州の砂漠地帯に存在しますが…、

この一帯には他にも謎の構造物が存在するようです。

著名なUFO研究家がグーグルマップ上で新たに発見したのは、

滑走路か道路のような構造を備えた巨大施設で、不思議なことに、

そのすぐ近くには大きな畑を備えているというのです。

エリア51から北北東におよそ90kmの砂漠地帯に、

エリア51と同じく人里離れた荒野の中に、問題の構造物は存在します。

衛星画像を見る限り、地上にある構造物は二つのエリアに分けられるとか…。

滑走路というにはグネグネと折れ曲がった不思議な構造を持った、

長さ1.9kmほどの細長いエリアと、緑に覆われた畑のようなエリアであります。

 

 

 

畑があったり、建物があったりと…一体何?

衛星写真を拡大していくと、畑のすぐ側には複数の建物や車が確認できて、

いかにも人間の気配を感じさせて、一方で滑走路のようなエリアは、

道路や滑走路にしては形状が異様で、建物は両端にポツンと建っているだけみたいです。

この構造物は一体何なのでしょうか…? この発見を、

自身のサイトの、ET DatabaseとYouTubeチャンネルで報告した、

台湾のUFO研究家スコット・ウェアリング氏は、

地下基地と植物遺伝子の研究施設…だと主張しているそうです。

あと…数十日で人類滅亡!?その日は…?

滑走路のように見えたのは地下施設の屋根にあたり、

両端の建物は入り口と通気口だと言っているそうです。

sponsoredlink

また、ウェアリング氏はこの施設で遺伝学の研究が行われていると推測しているそうです。

すぐ側に畑が存在するのは、植物の遺伝子を研究しているからであり、

人里離れた場所でやらなければならないような危険な研究をしているというのです。

ウェアリング氏のYouTube動画には多数のコメントが寄せられているのだが、

その中に、この場所の正体に言及したものがあったそうです。

何と、この巨大構造物はある芸術家が作りあげたアート作品だというのであります。

人類滅亡!?日本から救世主現る?!

 

 

 

砂漠のど真ん中に巨大なモニュメント!?このエリアは何…?

砂漠のど真ん中に巨大モニュメントを作っているのは、

米国人アーティストのマイケル・ハイザー氏ですが…。

ハイザー氏は、砂漠や平原などに巨大な砂絵や人工の山や崖などを作る、

ランド・アートという分野の草分けとして知られています。

滑走路のような部分は「City」という作品に当たり、

1972年から現在まで建設が続けられているというそうです。

畑部分はおそらく、ハイザー氏ら建設関係者が住んでいる場所なのでしょうと言っています。

Cityは私有地にあり、一般非公開であるが、その意義や価値はすでに広く評価されて、

2015年には周辺地域が国定公園に指定され、保護されることとなったそうです。

米軍パイロットから…爆弾発言が!?ほぼ毎日 UFOを見る!?

重要なアート作品として、将来も保護される予定らしいです。

衛星写真にも映る巨大アート作品というのは実に驚きであり、

何も知らなければ、“秘密基地”にしか見えないでしょう…。

ただ場所が場所だけに、アート作品という名目で何らかの、

機密を隠しているのだと疑う人々も存在するかも…。

ネバダ州の砂漠は何もないように見えて、実に様々なものが存在しているのではないでしょうか?

Dの意志・プルス・ウルトラの秘密とは…?!

sponsoredlink

-iPhone, TV, 未分類, 都市伝説
-, , , , , , , , , , , , , , ,

Copyright© いま話題のトレンドニュース , 2019 AllRights Reserved.