芸能から街の噂までおもしろそうな話題をお届け!

いま話題のトレンドニュース

iPhone TV 未分類 都市伝説

今年の9月9日に地球滅亡か…?!

投稿日:

sponsoredlink

 

今年の9月9日に地球滅亡か…?!

米国犯罪史上に名を残す女性連続殺人犯の故アイリーン・ウォーノスは…、

自身の処刑前にインタビューに応じていて…、

“報復として岩が地球に落ちてくる…”と予言していたそうです。

そして今、その言葉通りに小惑星が地球に接近しつつある…と、英DailyStarが6月6日付で報じたそうです。

欧州宇宙機関(ESA)は地球に衝突する可能性がある小惑星を10個リストアップして、

データを公開していて…、このリストによると…今年9月9日に、

直径30メートルほどの“小惑星2006QV89”が地球に接近するとか…。

地球に衝突する確率はおよそ7000分の1らしいです。

不思議なことに、この小惑星の存在を予言していたかのような言葉を、

連続殺人犯アイリーン・ウォーノス氏が遺していたというのです。

 

 

 

7人の男性を殺害したウォーノス…

ウォーノス氏は1989~90年にかけて、米フロリダ州で…、

7人の男性を殺害した女性連続殺人犯で、彼女は売春婦で、

恋人の女性と共に客の男性たちを次々に襲い、強盗目的で殺害しました。

人類滅亡!?日本から救世主現る?!

ウォーノス氏は恋人を守って全て自分の犯行だと認めましたが、

裁判では被害者にレイプされて正当防衛で殺したと訴え、最終的には死刑判決を受けていました。

 

2002年10月9日に薬物注射で処刑されています。

sponsoredlink

ウォーノス氏は死刑判決を受けた後、インタビューに答えて…、

この報復として2019年に岩が地球を襲うだろう…と話しています。

刑務所で熱心なキリスト教徒になったという彼女は、

神は自分をお許しになった…とか、自分は天国に行く…といった発言を繰り返していて、

この“予言”も同じような文脈で語られたとみられています。

そしてその予言通り、今年9月、“小惑星2006QV89”が地球に再接近します。

宇宙人と地球人の共同作業で人を救う?

 

 

死刑囚ウォーノスが…驚くべき話をしていたとは…

この小惑星が発見されたのは2006年であり、ウォーノス氏が処刑された後になります。

衝突の確率は7000分の1と低いとはいえ、このことを言い当てていたとしたら驚きです。

また、ウォーノス氏は処刑直前、最期に気になる言葉を残しています。

私は岩と航海中で、インデペンデンス・デイみたいに戻ってくる。

6月6日にジーザスと一緒に…。映画みたいに、

巨大な母艦と艦隊と共に、私は戻ってくる!…と話しています。

文中にあるインデペンデンス・デイとは1996年公開のハリウッド映画のことと思われます。

火星でまた発見?!怪しい建造物が…?

あの映画のようなUFO艦隊を引き連れて、神と共に、

戻ってくるという意味と考えるのが自然でしょうか…。

もしや、2006QV89こそが彼女の言う『岩』なのでしょうか…。

だとすれば、この小惑星がUFO艦隊を連れて来るということになるのですが…?!

神の警告…恐るべき占いの粥占とは?!

sponsoredlink

-iPhone, TV, 未分類, 都市伝説
-, , , , , , , , , , , , , , , , , , ,

Copyright© いま話題のトレンドニュース , 2019 AllRights Reserved.