芸能から街の噂までおもしろそうな話題をお届け!

いま話題のトレンドニュース

iPhone TV 未分類 都市伝説

トランプ大統領が初めてUFOに言及?!

投稿日:

sponsoredlink

トランプ大統領が初めてUFOに言及?!

これまでUFOの話題について固く口を閉ざしてきた、

ドナルド・トランプ大統領が、ついに重い口を開いたとか…。

今月15日、アメリカのABC Newsの独占インタビューに応じた、

トランプ大統領は、UFOの目撃情報が増加していることについて、

アンカーのジョージ・ステファノプロス氏に次のように答えたそうです。

そういう人たちは、私は見た、私は読んだ、私は聞いたと言うでしょう。

まあ、私もUFOについて非常に簡単なミーティングに参加したことがあります。

人々はUFOを見たと言いますが、私がそれを信じるかと言えば、

特に信じていないということです…と、話したそうです。

 

 

 

地球外生命体について知っているかと尋ねると…パイロットなら知っていると…

煮え切らない答えにステファノプロス氏は追い打ちをかけます。

地球外生命体について知っているか尋ねたところ、トランプ大統領は…。

まあ、パイロットなら知っているでしょうね。

我々の優秀なパイロットなら…。彼らは今までとは少し違うものを見ています…と、話しています。

米海軍は UFOとの遭遇に備えて、新たなガイドラインを作成したそうです。

米軍は表向きUFOにエイリアンが搭乗し、地球に対する、

侵略的行為を行っているという考えには否定的らしいです。

宇宙人が人類に送る…人類が生き残るための5つのメッセージとは?

しかし、経験豊富な軍人による信頼性の高い報告が続いたことから、

公式に記録し、研究する必要性があることを認めたのです。

トランプ大統領の発言もこうした背景から出てきたものでしょう…。

sponsoredlink

ところで、UFOを信じないという発言を額面通り受け取るわけにはいかない…。

トランプ大統領はUFOについてのミーティングに参加したと言っていますが、

大統領だからといって米国が握る全ての機密情報、

特にUFOに関する情報にアクセスできるわけではないからです。

選挙の結果次第でコロコロ変わってしまう大統領に、

全ての機密を教えるのは危険を伴いますよね。

米国の国立公園の行方不明の原因は?

 

 

歴代大統領も知らない?何か別からの圧力が…?!

そのため、UFO情報の情報適格性がないとされた大統領は、

真実から遠ざけられてしまうのだ。たとえば、1976年ごろ、

大統領就任前だったジミー・カーター氏は、当時CIA長官だった、

ブッシュ氏(父)にUFOについてのブリーフィングを要求したそうですが、

情報適格性がない…と、すげなく断われたと言われているそうですし、

近年では、ビル・クリントン元大統領がUFO情報を、

知りたくても教えてくれなかった…とテレビで発言しているとか…。

ただし、元医師で著名UFO研究家のスティーブン・グリア博士が、

トランプ政権にUFO情報のブリーフィングを行っていたという噂もあり、

“非正規ルート”でUFO情報を手に入れている可能性もあるらしいです。

その場合、トランプ大統領はUFOに関する事実をある程度知っているそうですが、

何らかの圧力により公言できないとも考えられるようです。

タイムトラベラーよりヤバいラッパー?!

あるいは、最後の切り札として取っているのか…。

とにかく今回のインタビューからトランプ大統領が、

UFOについて何も知らないと考えるは早すぎるのではないでしょうか…?

今後もトランプ大統領の発言から目を離さない方が良いのでは…?

Dの意志・プルス・ウルトラの秘密とは…?!

sponsoredlink

-iPhone, TV, 未分類, 都市伝説
-, , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,

Copyright© いま話題のトレンドニュース , 2019 AllRights Reserved.