芸能から街の噂までおもしろそうな話題をお届け!

いま話題のトレンドニュース

iPhone TV 未分類 都市伝説

米軍人が毎日UFOを目撃?!

投稿日:

sponsoredlink

米軍人が毎日UFOを目撃?!

現地時間6月15日に放送された米ABC局のニュース番組の中で、

海軍のパイロットによる未確認飛行物体の目撃について、

報告を受けていたことを認めたトランプ大統領ですが…。

私自身が信じるかと聞かれたら、あまり信じないって答えるね…と一蹴しました。

が…これは、トランプ政権にとって重要な支持基盤である、

キリスト教福音派を意識してUFO/USOを否定したのだと見られています。

今年に入り、大統領の支持者が多い南部などの複数の州で、

強姦や近親相姦などによる望まない妊娠であっても、

胎児の心拍が確認できるようになったら中絶を禁止する…という、

内容の中絶禁止法案が成立し、全米で大きな波紋を呼んでいます。

実はこれも福音主義のキリスト教徒が中心となって推し進めていることとか…。

聖書に忠実であろうとする信仰心を持つ福音派は、

神が生物を創造した…という聖書の内容に矛盾することは、

一切受け入れようとしないため、進化論をも否定するそうです。

初めに、神は天地(宇宙と地球)を創造された…のであり、

聖書には、地球外生命体は存在しない…と明記されていると主張している者も多いそうです。

だから信者の多くは宇宙人やUFOやUSOの存在も作り話だと否定するらしいです。

 

 

ライアン大尉を含めて…毎日少なくとも60人がUFOを目撃!

しかし、実際にUFOやUSOを目撃した米海軍のパイロットや軍人たちはあまりにも多く、

もはや無視できない事態になっていて、宇宙人であれ、

敵対国の極秘最新戦闘機であれ、はたまた気象観測気球であったとしても、

アメリカの安全が脅かされているのを無視することはできない…からみたいです。

ピラミッドは丘を覆うように造られた?

米ヒストリーチャンネルで6月21日に放送された、

UFOドキュメンタリーのUnidentified: Inside America’s UFO Investigationの、

第四話UFO Fleetでは、新たに2人の現役米軍人が顔と実名を出して登場したそうです。

UFOに関する衝撃的な証言が紹介されています。

第四話はニミッツ級の航空母艦セオドア・ルーズベルトに乗務していた、

F/A-18戦闘攻撃機パイロットで、航空宇宙工学の学位を持つ、

ライアン・グレイブズ大尉へのインタビューからスタートします。

ライアン大尉は、オシアナ海軍航空基地に配属されて東海岸で、

飛行訓練を行なっていた2014年夏から2015年にかけて、

いくつものキューブ型UFOを毎日のように目撃していたと証言しました。

初めてレーダーが物体を捉えた時はF/A-18が、

新たな電子レーダーシステムにアップグレードしたばかりだったのでエラーかと思った

毎日、少なくとも60人が目撃していたことから、”米海軍が何も知らない訳はない。

これは海軍の新たな航空機か何かのテストなのだろう”と思った…そうですが、

UFOが2機の戦闘攻撃機の間を、すれすれの距離で、

猛スピードですり抜けたことから脅威だと感じるようになった…と告白したとか…。

米海軍安全センターに報告したと述べたそうです。

sponsoredlink

また、国防総省が2017年に公開した…、Go fast・Gimbalと呼ばれている、

2つのUFOビデオについて、自分が乗務していたルーズベルトで撮影されたものだと証言しました。

120ノット(時速222km)の風を受けながら、

ぶれることなく高度を維持しながら回転していたという、

Gimbal は、キューブ型UFOの群れと一緒に飛んでいた、

型の異なる大きめのUFOだったことも明かされました。

Dの意志・プルス・ウルトラの秘密とは…?!

 

 

 

その目撃するUFOはキューブ型UFOだとか…?ある人はそのUFOを見て…?!

このGimbalに関しては、ロッキード・マーティン社の軍事関連の、

秘密開発部門スカンスワークスのメンバーだった、

スティーブ・ジャスティス氏も、番組で興味深いコメントをしています。

ライアンは2015年3月にセオドア・ルーズベルトでアラビア湾(ペルシャ湾)に派遣された際、

現地でも全く同じキューブ型のUFOを目撃したと明かしました。

攻撃対象の一つだったシリアはロシアと同盟関係にあったため、

ロシアの最新戦闘機なのではないかと緊張が走った…と生々しい証言をしていました。

MIBの知られざる真実とは…?!

ライアン氏と同時期、セオドア・ルーズベルト氏に、

F/A-18戦闘攻撃機パイロットとして乗務していた、

ダニー・オークイン大尉も番組に登場し、同様の証言をしました。

しかし彼らの他にも目撃したほとんどの軍人たちは、証言することを拒否…。

ライアン氏は、撮影されたばかりのUFOのビデオテープを、

セオドア・ルーズベルト氏のコマンダー(司令官)だった、

アンドリュー・L・ルイス氏に見せたといいますが…、

5秒ほど見て、ハッ! と言い、それ以上は何も言わず、話題にもしなかった…と話したとか…。

飛行訓練中にUFOに挑発された…と報告した米海軍安全センターからも、

連絡もフォローアップも何もなく、パイロットの安全が脅かされているのに、

何で調査をしてくれないのかと、ライアン氏は憤りをあらわに…。

パイロットを脅かす存在としてUFOが報告されているというのに、

軍上層や国防総省は何もアクションをとらないそうです。

危機感を抱きながらも国防総省で働いてきたクリストファー・メロン氏は、

ついに事態を議員らに報告する準備を進めているそうです。

ライアン氏も、現役軍人として目撃体験をありのままに議員に証言する事を決意した…。

ここまでが、第四話で暴かれた真実で、次回の、

Unidentified: Inside America’s UFO Investigation第五話は、

1981年1月31日に起きたとあるUFO案件を通して、

核のある場所にUFOが現れる傾向にあることや、

UFOに関する情報が極秘扱いされているという証言などが紹介されるそうです。

ネット上では、これまで公開されたことがなかった、

UFOに関する新情報が放送されるのではないかと、期待が高まっているとか…。

アポロ15号飛行士が意味深な事を発言?

sponsoredlink

-iPhone, TV, 未分類, 都市伝説
-, , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,

Copyright© いま話題のトレンドニュース , 2019 AllRights Reserved.