芸能から街の噂までおもしろそうな話題をお届け!

いま話題のトレンドニュース

iPhone TV 未分類 都市伝説

カナダに今も恐竜が生きている?!

投稿日:

sponsoredlink

カナダに今も恐竜が生きている?!

はるか大昔に絶滅した恐竜だが、“生きた恐竜”とも呼ばれるコモドドラゴンは今でも健在です。

とすれば、恐竜もまたどこか人跡未踏の地でヒッソリと生き長らえているかもしれない?

かつてカナダ北部の山奥で“生きた恐竜”が2度目撃されていたという記録が残っているとか…。

かつてフランスで刊行されていた雑誌のJe sais tout1908年4月15日号に、

掲載されたジョルジュ・デュピュイ氏による記事は、

カナダのユーコン準州で目撃された、パートリッジ川の怪物の遭遇体験談です。

 

 

 

足跡はなんと…動物ではあり得ない大きな足跡が…!?

サンフランシスコの銀行家であるジェイムズ・ルイス・バトラー氏が、

地元の金鉱労働者であるトム・リーモア氏の助力を得て、

当時の金持ちの趣味の1つであったヘラジカ狩りに出かけた時の話です。

ユーコン準州クリアクリーク一帯を歩き回った2人は、3頭のヘラジカの足跡を発見します。

アメリカの天才達が集めるUFOの事?!

気づかれないように足跡の先を追った2人てしたが、

しばらくするとついにヘラジカの姿が視界に入りました。

腰をかがめて様子をうかがっていた2人は、シカたちの異変に気付きます。

1頭のシカが森の木立の奥を見て突然怯えたような挙動を見せて、

ほかの2頭も“それ”に気づいたのか3頭とも、パニックを起こしたようにその場を足早に去っていきました。

何が起こっているのか状況が飲み込めない2人であったが、

ハンティングを諦めたわけではないのて、再びシカを追っていくと、

ぬかるんだ地面に深々とプレスされたとてつもなく巨大な足跡に出くわす事になります。

足跡の幅は75センチ、長さは150センチもある巨大なもので…、

左右の足跡の間には60センチほどの尻尾を引きずったような跡もあったということです。

2人はその足跡が向かう先を追って行くと、パートリッジ川に入水する格好で途絶えていたそうです。

ただ事ではない事態に直面していると考えた2人は、

いったんアームストロング川にあるキャンプ地に戻って支援を要請する事にしました。

そしてそこで出会ったのが、この記事を執筆した、

ジョルジュ・デュピュイ氏とフランス人宣教師のピエール・ラヴァニュ氏、

sponsoredlink

加えて地元の5人のネイチャーガイドだったそうです。

こうして探検隊としてチームを組んだ彼ら一行は、

巨大な足跡の謎を突き止めるべくキャンプ地を後にしたのです。

ひとまず一行は巨大な足跡が途絶えているパートリッジ川の河原に向かいます。

日本のあるところ文明の痕跡が…?!

 

 

 

大きさはなんと…二足歩行で全長15メートルで、体重は…40トン?!

だが“その時”は予想よりも早く訪れて、巨大な足跡の主の姿をついに目撃する事ができたのです。

二足歩行の巨大な生物は全長は15メートルほどで体重は、

40トンはあろうかという怪物で、体表はイノシシの毛皮のような粗い獣毛に覆われていました。

大きな口には鋭い歯がびっしりと生えていて、鼻の上には1本のツノが突き出ていた。

彼らはこの時、辺りを歩き回り斜面を登るこの巨大な獣の様子を、

10分以上にわたってじっくり観察することができたとか…。

Dの意志・プルス・ウルトラの秘密とは…?!

息を飲みつつも綿密に観察できた彼らは、この生物は、

ティラノサウルスなどのような“恐竜”であり、

かつて北米大陸にいたとされるケラトサウルスであると確信するに至ったそうです。

この後彼らは探索を断念してキャンプ地に戻ったのだが、

さらに人数を増やし武装を固め、再びこのモンスターに対峙することを画策するも、

残念ながら周囲の理解を得られず、この話題はこれでいったん終了になりました。

しかし興味深いことに宣教師のラヴァニュ氏は別の年に、

もう一度同じ場所でこのモンスターを見たと話しているらしいです。

季節は冬で、凍った川沿いを歩いていた怪物は、

口に死んだカリブー(トナカイ)をくわえていたとか…。

その後に“パートリッジ川の怪物”と称されることになったこの目撃談は、

一般にはこれまで何度も忘れ去られそうになったが、

未確認動物学の世界ではよく議論されたそうです。

注目すべき議論の1つは、このモンスターがケラトサウルスのような恐竜であるとすれば、

尻尾を地面から引き上げた状態で歩くため、最初の足跡の目撃談で報告されている、

尻尾を引きずった跡については疑問視されてくるというものです。

そしてこれ以降、この地域から同様の目撃報告がないことも気になる点ですが…、

ひょっとすると現在ではハンティングなどでこの奥地を訪れる者が減っているのかもしれない…。

人類滅亡の救世主は…宇宙人!?

sponsoredlink

-iPhone, TV, 未分類, 都市伝説
-, , , , , , , , , , , , , , , , ,

Copyright© いま話題のトレンドニュース , 2019 AllRights Reserved.