芸能から街の噂までおもしろそうな話題をお届け!

いま話題のトレンドニュース

iPhone TV 未分類 都市伝説

NASAが地球外生命体の合成に成功!

投稿日:

sponsoredlink

NASAが地球外生命体の合成に成功!

NASAが“エイリアンDNA”の合成に成功したとか…。

目下、地球外生命体探索が鋭意進められている中にあって、

エイリアンへの理解がさらに深まることが期待されているそうです。

“エイリアン”について抱くイメージは人それぞれですが、

広く共有されているエイリアン像もいくつかあるそうです。

映画のタイトルそのものの“エイリアン”や“E.T.”…、

あるいは“グレイ”などが挙げられるのでしょうか…。

また話を“地球外生命体”にまで広げれば、タコのような軟体生物や、

過酷な環境でも生きられるゴキブリのような姿を思い浮かべるかもしれないですかね…。

しかしNASAから新たに公表されたニュースは…、

エイリアンについて我々がもっとイメージ豊かであらねばならないと要求しているようです。

なぜならエイリアンは地球上の生物とDNAレベルで、異なっている可能性があるというからです。

 

 

 

8つの塩基を持ったDNA…日本語の八文字にちなんでハチモジDNAに…

地球上の生物にすべからく備わっているDNA(デオキシリボ核酸)は、

遺伝子情報を後世に伝え種が存続していくための重要な物質です。

このDNAはアデニン(adenine)、シトシン(cytosine)、

グアニン(guanine)、チミン(thymine)という、

4種類の塩基で構成されていて、それぞれの遺伝情報を蓄えているそうです。

保存されている情報の内容こそ違えど、地球上のすべての生物のDNAの構造は、

この“規格”で統一されているのですが、NASAの最近の発表では、

DNAに別の姿があり得ることが示され、そして実際に、

その“規格外”のDNAの作成に成功したことが報告されています。

2026年には…氷河期が来るかも…?!

そしてこのDNAは、地球外生命体がどのようなものであるかを、

理解する上で画期的なものになる可能性があるということです。

つまり、この規格外のDNAは“エイリアンDNA”かもしれないのです。

では、その新たに作られた“この世のものではない”DNAとはどんなものなのでしょうか…。

それは我々のDNAの構成要素である4種類の塩基に、

さらに4つの塩基を加えたものであるというから驚きます。

この8つの塩基を持ったDNAは日本語の“八文字”にちなんで、

“ハチモジDNA(Hachimoji DNA)”と名づけられました。

この世のものではないハチモジDNAはその構造上…、

我々のDNAよりもはるかに大量の遺伝情報を蓄えて転写することができるとか…。

sponsoredlink

そしてこのハチモジDNAこそが、地球外知的生命体の理解と探査にとって、

重要な役割を果たすことをNASAは指摘しているのです。

ハチモジDNAの形、サイズ、構造の役割を注意深く分析することによって、

今回の研究は地球外生命体の遺伝情報を保存する可能性のある、

分子のタイプについて理解を深めるものになりました…と、

研究チームのスティーブン・ベンナー氏は語ったそうです。

人類滅亡!?日本から救世主現る?!

 

 

 

 

地球人とエイリアンの関係はどうなるか?

ちなみにベンナー氏はNASAが後援するフロリダ州の研究機関の、

Foundation for Applied Molecular Evolutionの研究員です。

今回の研究は地球上とは異なる方法で生命がどのように、

自己形成できるのかを最も基本的なレベルで証明するものになったといえます。

そしてこれまで我々が想像したことのないタイプの地球外生命体が、

今までは除外していた環境下で繁栄している可能性があることを意味するものです。

日本がなんと…核を製造している!?

我々のミッションのコンセプトと設計デザインにある、

より幅広い知見を取り入れることで、地球外生命体のためのより包括的で、

より効果的な探査が可能になるでしょう…とNASAの、

研究主幹であるメアリー・ボイテック博士は語るそうです。

つまりこのハチモジDNAの登場により、地球外生命体を探している科学者たちは、

実際に探す対象と存在する可能性がある場所についての認識を新たにする必要性があります。

今まで考えてもみなかったようなビジュアルの地球外生命体が、

これまでは生命が存在するはずがないと考えられてきた場所に潜んでいるかもしれないのです。

地球外生命体の探査・推測はNASAの惑星科学ミッションの、

ますます重要な目標になっていますし、今回の研究は、

私たちの探査の範囲を広げる効果的なツールと、

実験方法の開発を後押しするものになります…と、

NASA惑星科学部門のディレクター、ロリ・グレイズ氏は語ります。

ハチモジDNAの作成に成功したことで、思ってもみなかった姿の、

エイリアンに驚かされる日が一歩近づいたのかもしれないですね…。

アメリカの天才達が集めるUFOの事?!

sponsoredlink

-iPhone, TV, 未分類, 都市伝説
-, , , , , , , , , , , , , , ,

Copyright© いま話題のトレンドニュース , 2019 AllRights Reserved.