芸能から街の噂までおもしろそうな話題をお届け!

いま話題のトレンドニュース

iPhone TV 未分類 都市伝説

12000年前…東アジアにも頭が長い骨が?!

投稿日:

sponsoredlink

12000年前…東アジアにも頭が長い骨が?!

古代エイリアンの骸骨なのでしょうか…。後頭部が、

ラグビーボール状に後ろに長くせり出した奇妙な骸骨が中国で多数発掘されました。

現存する“首長族”は多くのメディアでも取り上げられ広く知られるところになっていますが…。

人類史上にはかつて頭が長い“頭長人”がいたことがいくつもの研究から示唆されてます。

そして今回、その頭長人を思わせるラグビーボール状の頭蓋骨を持つ、

人体の骨格が発掘されましたが、どうしてこのような長い頭蓋骨をしているのでしょうか…?

このような長い頭蓋骨を持って生まれる人々がいたという可能性も無きにしも非ずですが…、

これまでの研究から、乳幼児期からの意図的な“整形”によって、

このような長い頭蓋骨になっていることがわかっているとか…。

 

 

 

頭が長いとは…言わば“セレブの証”…?!

米・テキサスA&M大学と中国・吉林大学の合同研究チームは先ごろ、

中国東北部吉林省の“Houtaomuga遺跡”で25体の人骨を発掘しました。

人骨を放射性炭素年代測定にかけたところ、約1万2000年前から約5000年前のものとみられ…、

そのうちの11体の人骨の頭蓋骨はラグビーボール状に長いものでした。

日本で過去に UFOを肯定した人達

頭蓋骨伸長の習俗は、特別な集団への帰属や社会的地位を意味していると考えられていて、

その起源は今から9000年から1万年前にさかのぼるとされています。

このHoutaomuga遺跡と世界各地の同時代の発掘物を、

比較することが重要となる為、さらなる調査・研究の進展が望まれています。

いずれにしても、人種や文化も異なる世界各地で、

特定の時期に“長頭人”が多発的に出現していたという事実には大きな謎が残されています。

太古の昔、やはり圧倒的知性を具えた地球外生命体が地球に降り立っていて、

彼らを崇めるために人類は自ら頭を変形させたのではないのか…?!

そんな可能性も完全には否定できないはずだとか…。

意外なことに世界各地でみられ、マヤ文明や、北アメリカ先住民などをはじめ…、

ヨーロッパやアジアでも長い頭を持つ人骨が発掘されています。

研究チームによれば、11の“頭長人”のうち5つは成人のもので、

さらにそのうちの1つが女性のものであるということです。

11の“頭長人”の年齢層は幅広く、下は3歳から上は40歳ほどらしいです。

研究によれば、この頭蓋骨の整形は身分の高い個人や、

特定の一族に所属していることを示すものとして行われていたと考えられています。

細長い頭蓋骨の3歳の子どもの人骨は陶器や工芸品などと共に埋葬されていたことから、

sponsoredlink

裕福な家庭の出身であることを示唆するものになっているそうです。

頭が長い成人女性も多くの貝殻を用いた装飾品に囲まれて埋葬されています。

子どもと同じく高い身分の人物であったことが示されることになっています。

長い頭はいわば“セレブ”の証であったのでしょう…。

意図的な頭蓋骨の“整形”が東アジアで最初に現れて他の場所に広がったのか、

それともそれぞれの場所で独自に発生したのかを判断するのは時期尚早ですと、

研究チームの古人類学者、チェン・ワン氏は語ります。

今年の9月9日に地球滅亡か…?!

また研究チームによれば、今回発掘された長い頭蓋骨は、

これまでのどの場所で発掘されたものよりも、

長期間にわたって維持されてきた風習であると考えられるということです。

 

 

意図的に頭を長くする?!それとも…あの存在か…?

世界各地で行われていたこの頭の“整形”には大きく分けて3つのタイプがあるとか…。

その3つとは扁平型、円形、円錐形で、今回発掘された頭蓋骨は円錐形ということになります。

“整形”のポイントは頭蓋骨が柔らかい乳幼児期のなるべく早い時期に行うことで、

硬くて平らな板で頭を挟んで固定したり、頭に布を、

きつく巻きつけ圧迫することで変形させていたと考えられるとか…。

70年前の最悪な人体実験とは…?

私たちは…すべての人が意図的な頭蓋“整形”の兆候を、

持っているわけではないことに気付きました。

それはこの集団の中で選択的で意図的な文化的行動で、

あるかもしれないことを示しています…と研究チームは言及しています。

つまり頭蓋骨を“整形”している者は特別な存在であるということになります。

これらすべてのエビデンスは、共同体の中で意図的な頭蓋骨“整形”が、

特定の個人に対してのみ実施されている一種の文化的な慣行であることを示しています。

この文化的慣行の選択的な基準と意味はまだ明らかになっていませんが、

おそらく一族への所属や社会経済的アイデンティティを明確に、

区別することが頭蓋骨“整形”の主な理由であるはずです。

このHoutaomuga遺跡と世界各地の同時代の発掘物を、

比較することが重要となるため、さらなる調査・研究の進展が望まれているそうです。

いずれにしても、人種や文化も異なる世界各地で、

特定の時期に“長頭人”が多発的に出現していたという事実には大きな謎が残されます。

太古の昔、やはり圧倒的知性を具えた地球外生命体が地球に降り立っており、

彼らを崇めるために人類は自ら頭を変形させたのではないのでしょうか…?

Dの意志・プルス・ウルトラの秘密とは…?!

sponsoredlink

-iPhone, TV, 未分類, 都市伝説
-, , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,

Copyright© いま話題のトレンドニュース , 2019 AllRights Reserved.