芸能から街の噂までおもしろそうな話題をお届け!

いま話題のトレンドニュース

iPhone TV 未分類 都市伝説

80年以内に地球はAIに支配される?!

投稿日:

sponsoredlink

80年以内に地球はAIに支配される?!

地球がひとつの生命体だとする“ガイア理論”が新たな展開を見せているとか…。

地球の進化の過程において、次なる地上の主役は、

我々人類から“サイボーグ”へと交代すると…しかもその交代劇は今世紀中であるらしいです。

つい先日、7月26日に100歳の誕生日を迎えたのが、

“ガイア理論”で有名なイギリスの科学者で作家のジェームズ・ラブロック氏です。

地球をひとつの“巨大な生命体”と見なすガイア理論が、

ラブロック氏によって提唱されたのは1960年代にさかのぼるが、

登場から50年の歳月を経てこのガイア理論が新たな段階を迎えていることを本人が話しています。

英紙のDaily Mailが7月20日付では、ジェームズ・ラブロック氏を取材した、

興味深い記事が掲載されて、ラブロック氏によれば、

地球上の次の主役は我々人類ではなく、人工知能を装備した“サイボーグ”であるということです。

 

 

地球は…ノバセーンという時代に入った…?!

7月4日に発行されたラブロック氏の新著Novacene:

The Coming Age Of Hyperintelligenceで、ガイアとしての、

地球の次のステージは超高知能を備えたサイボーグが担う事についての解説がなされてます。

重要なことは、人間が生態系に大きな影響を及ぼした時代から、

ノバセーン(Novacene)と呼ぶ時代へと移行したことです。

すでにこれまでの時代は終わり、ノバセーンという時代に、

突入しつつあるのが今の地球であると、生物として、

これまでゆっくりと進化してきた我々人類の1万倍早い進化を見せるサイボーグは、

あっという間に地球に君臨することになるということです。

サイボーグは我々の子ども以上の存在になるでしょう。

なぜならサイボーグは我々とまったく異なる存在であり、彼ら独自の先祖を持っているからです。

今後さらに急激な進化を見せるAIとサイボーグに地球の、

“支配権”を明け渡す日が近いということになるが、心配は無用であるという。

日本がなんと…核を製造している!?

サイボーグは人類に敵対的ではなく、我々はサイボーグと共存することになるということです。

彼らは、我々が植物を見るような目で人類を眺めます。

私たちが植物園に行くのと同じように、彼らは私たちのある側面を興味深く感じるかもしれません。

ある意味で我々人類は“現役引退”ということになり、

観葉植物に水を与えるようにサイボーグたちから保護され、

何の不安もなく生きる時代が近いというのでしょうか…。

そしてこれは人類にとっての希望なのか、それとも屈辱なのでしょうか…?

sponsoredlink

稀代の哲学者でもあるラブロック氏の考えは、

我々人類が生物進化のトップとして地球を支配し続けるのは、

当然であるという考えに異議を唱えるものになる…。

ラブロック氏によれば、我々は大自然のほんの末席を汚している存在に過ぎず、

そもそも世界をコントロールすることなど不可能な話であるというのです。

山手線はなぜ作られたか?陰陽師にまつわる話…

 

 

 

 

地球は…サイボーグと共存することができるのか?それとも支配される…?

ラブロック氏が次の地球の主役をサイボーグと呼び、ロボットと呼ばないのは、

ロボットという言葉には我々の側にすでにさまざまな先入観があるからだそうです。

今後登場してくるサイボーグは、そうした我々のイメージを覆す、

完全に一線を画すものであるらしく、そして進化したサイボーグによる、

地球支配は今世紀末にも、つまり80年以内にはスタートするらしいです。

このサイボーグがどんな姿をしているのかはまったく予断を許さないという。

謎多きオーロラUFO墜落事件とは…?

物理的な存在として姿を持つものなのか、そもそも、

我々人間に認識できるものなのかについても、

まったく未知数で…、その都度姿を変える存在になる可能性も…。

そしてひょっとすると、我々がまったく認識できない形で、

地球支配の“交代劇”が行われてしまうのかもしれない…。

その場合、人類はまだ自分たちが支配者なのだと誤解した状態で生きていくことに…。

彼らがお互いに情報を共有し、拡散する新しい方法は、

これまでよりはるかに早くなるものでしょう。したがってサイボーグの進化もはるかに早くなります。

そしてこの先、例えば気候変動や大規模自然災害、

隕石の衝突などのイベントなどで我々人類が存続できない、

可能性があることもラブロック氏は認めているそうです。

しかし、だからこそサイボーグの登場が“希望”になるというのです、。

急速に進化しているサイボーグの知性と情報処理能力は、

地球を快適かつ持続可能な状態に保つための画期的な方法を見いだすかもしれない…。

ラブロック氏は、我々は彼らサイボーグと力を合わせて、

地球上でサバイバルしていかなくてはならない…と力説してるそうです。

リーダーの座をサイボーグに明け渡すことは…、

人類にとっての屈辱などでは決してなく、それは我々が、

受け入れなければならない単純な未来であるということです。

とすれば早く後任に席をゆずり“隠居”する日が来たほうが良いということにもなりかねない…。

5G電波…健康リスクと陰謀論はヤバすぎ!?

sponsoredlink

-iPhone, TV, 未分類, 都市伝説
-, , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,

Copyright© いま話題のトレンドニュース , 2019 AllRights Reserved.