芸能から街の噂までおもしろそうな話題をお届け!

いま話題のトレンドニュース

iPhone TV 未分類 都市伝説

ノストラダムス大予言は続く…2019年はヤバい?!

投稿日:

sponsoredlink

ノストラダムス大予言は続く…2019年はヤバい?!

1963年のケネディ暗殺も予言していたといわれる…、

ノストラダムスがトランプ大統領の暗殺を予言なのか…?

専門家によれば、ノストラダムスの2019年予言はまだまだ予断を許さないようですが…。

ノストラダムス研究の専門家によれば、今年後半から、

来年にかけてまだまだ大変なことが起こりそうとか…。

イギリスのサイキックで霊媒師であり、サイキックリーディングに関するサイト、

Psychics.coの運営者でもあるクレイグ・ハミルトン・パーカー氏は、

2019年はトランプ大統領にとって危険な年であると、

ノストラダムスが予言していることを英紙Expressに話しているそうです。

 

 

 

ノストラダムスは…2019年から2020年の間で…トランプ大統領が暗殺される?!

パーカー氏によれば、ノストラダムスは2019年から2020年の間にトランプ氏に対する、

暗殺計画があることを警告し、中東での武力紛争、

そしてロシアとの関係刷新を予言しているということです。

トランプ大統領は2期目を迎えると思いますが、

ノストラダムスによれば2期目にトランプ暗殺未遂が起こると予測しています。

2020年11月の米大統領選でトランプ大統領が2期目を迎えるのかどうかが判明するが、

その前後にかけて大統領の身辺がきわめて危険な状況になることが予言されているというのです。

日本がなんと…核を製造している!?

ノストラダムスはまた中東での戦争についても予測しています。

2019年に最初の軍事衝突が起こるでしょうが…、

それは本格的な戦争に発展するわけではないでしょう…。

そしてトランプ大統領はその後、ウラジーミル・プーチン大統領と、

何らかの取り決めや協定を結ぶということですが…。

この協定はおそらく2018年米朝首脳会談での北朝鮮との協定を反映したものになるとか…。

意外なのは“ブレグジット”の動向については何も予測されていないという点です。

パーカー氏自身は何の取り決めもなくEUを強行離脱する、

“ハード・ブレグジット”を予想していたので、

この一連の動きについてノストラダムスの予言が、

まったく触れていないことに驚いているということです。

“ブレグジット”が問題にならないほどの思いがけない、

sponsoredlink

展開がこの先に待ち受けているのだとすれば不気味な限りです。

 

“ブレグジット”についての具体的な記述がないことも含めて、

ノストラダムス予言の有効性について疑問の声を上げる者ももちろん少なくないですが、

それでも専門家の中では予言を支持をする声が多いそうです。

70年前の最悪な人体実験とは…?

 

 

偉大なる予言者…ミシェル・ド・ノストラダムスの大予言は続く…?!

ノストラダムスに関する著書であるNostradamus Sees the End Timesの、

著者であるラーン・ハート氏は、ノストラダムスは聖書と同じように、

世界的な破滅的大惨事を予言していると主張しているそうです。

彼は古代の数秘術や占星術の達人でした。彼は地中海をめぐる歴史的な対立や、

ギリシャやローマの古代の神々の役割についての豊富な知識を持っていました。

彼は自身の著作の中でこれらを参考文献としてすべて使用しています…。

S.スピルバーグ監督と宇宙人の関係とは…?!

ハート氏はノストラダムスの知識人としての側面に着目しているそうです。

膨大な量の情報がそれぞれの4行詩に含まれています。

それらの詩は単語ごとに、行ごとに、更には複雑な文脈に即して分析されなければなりません。

数世紀に及ぶディテールを説明するためには、膨大な参考文献が必要になるでしょう。

また2001年刊行のThe Prophecies of Nostradamusの序文で、

著者のR・K・マーティ氏はノストラダムスの先見性について特記しています。

彼は、ナポレオンやヒトラーのような歴史上の人物の登場に加えて、

共産主義の盛衰を予見しています。そして彼の時代には、

考えられなかった技術的および科学的進歩とその成果まで予見していました。

彼の予言は同時代の人々にとって幻想的な出来事だった訳です。

さらに、Nostradamus, The Man Who Saw Through Timeの、

著者であるリー・マッキャン氏もノストラダムスを称賛しているそうです。

フランスの予言者、ミシェル・ド・ノストラダムの豊穣で活気に満ちた人生は、

希少であるばかりでなく最も控えめなタイプの天才の物語です。

それを知った人ならば、自分自身の中にノストラダムスの能力を、

獲得できる法則をこれからの科学が発見できるかもしれないという希望を抱きたくなる魅力あるものです。

ともあれトランプ大統領暗殺、中東での紛争、新たな米ロ関係という近い将来の、

“予言”が懸念されてくるのだが、こうして今なお多くの人々が、

ノストラダムスの詩の解釈に心血を注いでいるとすれば、

今後もまだまだノストラダムスの“新予言”が浮上してくる可能性がありそうですが…。

イヌイットがNASAに警告!太陽の位置が…?

sponsoredlink

-iPhone, TV, 未分類, 都市伝説
-, , , , , , , , , , , , , ,

Copyright© いま話題のトレンドニュース , 2019 AllRights Reserved.