芸能から街の噂までおもしろそうな話題をお届け!

いま話題のトレンドニュース

iPhone TV 未分類 都市伝説

首なし族は…アフリカで存在した…?!

投稿日:

sponsoredlink

首なし族は…アフリカ存在した…?!

古来、世界中で頭部がない人間の伝承が語り継がれています…。

首無し族の存在は古代ギリシアや古代ローマの学者たちによって記録され、

中世には旅行記や冒険譚に登場し、大航海時代にも複数の目撃証言が残されています。

首無し族の最古の記録は、紀元前5世紀ごろ、古代ギリシアの、

歴史家ヘロドトスの著書、歴史に残されているそうです。

ヘロドトスは現地の人々から、アフリカ大陸のリビア砂漠以西のオアシスには、

“アケパロイ”という、頭部がなく、胸から腹にかけて顔がある異形の人々の話を聞いたとか…。

 

 

古代ローマ人がプレムミュアエ人を発見した!?

頭のない民族については、古代ローマの地理学者ポンポニウス・メラや

博物学者プリニウスらも、“ブレムミュアエ人”という、

首無し族について著書の中で言及していて…、それによれば、

ブレムミュアエ人はヌビア(現在のエジプト南部からスーダンにかけての地域)近辺に住む一種族とされています。

5Gアンテナ周辺でミツバチが大量死?!

やがてブレムミュアエ人の伝説は様々な旅行記や冒険譚に登場するようになります。

例えば古代マケドニアのアレクサンドロス大王の物語(アレクサンドロス・ロマンス)などにも組み込まれて、

そこでは胸に顔がある金色に輝く剛毛の巨人として描かれました。

さらに14世紀にヨーロッパ、中近東、アジアなどを旅した、

イギリス人騎士ジョン・マンデヴィルの著書『東方旅行記』にも首無し族との遭遇が描かれています。

ブレムミュアエ人の人気は当時の地図からも見て取れます。

当時の地図にはその土地の地形や特徴、珍しい動植物などが描かれていましたが…、

ブレムミュアエ人も多くの地図に登場しています。

ある地図には、胸に両目があるタイプと肩に両目があるタイプの、

二種類のブレムミュアエ人が描かれています。

sponsoredlink

これってもしかして?!宇宙人との繋がり?1600年前から?!

 

 

 

プレムミュアエ人って…何者?!

なお、両目の位置の違いは男女の差であるとも考えられていました。

大航海時代を迎え、世界各地が探検されるようになると、

イギリスの探検家ウォルター・ローリーらが南米ギアナ周辺で、

頭がなく胴体に顔がある人々の噂を報告しています。

その姿はもちろん当時の地図に描かれていましたが…。

ナチス軍の開発はやはり…スゴい!?

“首無し族”の正体として、片膝を地面につき、

首をかがめて移動する先住民たちの姿を誤認したものという説や、

胸当てに描かれた顔を見間違えたという説、さらには、

類人猿を見て勘違いしたという説など、もっともらしい説明がいくつもなされているとか…。

古来より、多くの人々が目撃し、語り継いできた、

首無しのブレムミュアエ人とは一体何者だったのでしょうか…?

世界が探検しつくされ、首無し族が存在しないことを知った現在…、

残っているのは先祖たちが残した素朴で心惹かれるイメージだけですが…。

何故このタイミングで世界遺産に?!

sponsoredlink

-iPhone, TV, 未分類, 都市伝説
-, , , , , , , , , , , , , , , , ,

Copyright© いま話題のトレンドニュース , 2019 AllRights Reserved.