芸能から街の噂までおもしろそうな話題をお届け!

いま話題のトレンドニュース

iPhone TV 未分類 都市伝説

火星を核攻撃!と衝撃発言した人は?

投稿日:

sponsoredlink

火星を核攻撃!と衝撃発言した人は?

スペースX社とテスラ社のCEOを務める実業家の、

イーロン・マスク氏の発言が波紋を広げているそうです。

米ニュースBusiness Insider(8月17日付)によると…、

今月16日、マスク氏は自身のツイッターでNuke Mars!(火星を核攻撃しろ!)と呟いたとか…。

これまで火星移住に意欲的な発言をしてきたマスク氏ですが…、

火星を核攻撃するとは一体どういうことでしょうか…?

マスク氏によると…、

火星を核攻撃することで火星の極冠(氷に覆われた高緯度地域。北極や南極)に、

ある氷が熱で溶解し、大量の二酸化酸素が大気中に放出されるそうです。

それによる温室効果で気温と気圧が上昇し、火星が人間の住める環境になるという…。

いわば、急激な気候変動を人工的に起こすというわけです。

 

 

なんと人類は…火星に文明が存在する事に気づいた?!

突拍子もない発言に聞こえますが、実はマスク氏は、2015年に出演した米深夜トーク番組の、

ザ・レイト・ショー・ウィズ・スティーヴン・コルベアから、このアイデアを口にしているとか…。

ノストラダムス大予言は続く…2019年はヤバい?!

Business Insiderは、マスク氏がどれほど本気で、

火星の核攻撃を考えているかは分からないと疑問を呈していますが、

スペースX社は火星に人類を送るためのロケットシステムで、

スターシップの最初のプロトタイプを製造するなど、本気で火星移住に取り組んでいる様子です。

なぜ、マスク氏はそれほど火星移住に熱心なのでしょうか…?

そのヒントが、米宇宙開発の父とも呼ばれるロケット工学者の、

ヴェルナー・フォン・ブラウン氏のSF小説Project Mars:A Technical Tale(火星計画:技術面の話)に書かれています。

同作には、1980年代を舞台にして10隻の大型宇宙船で、

火星旅行を実現する話が綴られていて、地球の衛星軌道上で、

sponsoredlink

建設されたこの大型宇宙船は国際的な協力体制のもとで、

資材の運搬など1000回にも及ぶ衛星軌道へのフライトを通じて組み立てられました。

問題はとなるのは22章から…、死の惑星に思えた火星の地下で、

人類は火星人の文明があることを発見し、火星人たちは平和な社会を築いておいて、

宇宙船でやって来た人類を拒絶することはなかった…。

Dの意志・プルス・ウルトラの秘密とは…?!

 

 

 

火星の政治のシステムの役職にはなんと…“イーロン”と名付けられている?!

24章では、この火星人文明の政治システムについての言及があり、

火星文明は10人の内閣メンバーによって監督・運営されているという。

内閣のリーダーは5年を費やす普通選挙によって選ばれて…、

その役職はなんと“イーロン(Elon)”と名づけられているのです。

ある女性が宇宙人の子を妊娠?!年内出産する?!

民衆の支持を集めて当選した“イーロン”は、内閣のメンバーに歴史家や聖職者、

前内閣のメンバー、成功した経済界のリーダーなどを、

抜擢してその後の全人生を火星の民衆のために捧げるとか…。

イーロン・マスク氏の生誕は1971年であるから…、

生まれる20年も前に“火星”と“イーロン”が結びつく記述があったことになります。

これはフォン・ブラウン氏の“予言”であり、いつの日か、

マスク氏が火星文明の最高位のリーダーに就任することを暗示しているのでしょうか…?

マスク氏がこのままの調子で火星移住の先陣を切っていけば、

その暁に彼が火星文明のリーダーに昇格することもあるでしょう…。

火星の核攻撃がうまくいくかは分からないが、

今後もマスク氏の言動から目を離せないそうです…。

ナチスは…やはり月の裏側に基地を…?!

sponsoredlink

-iPhone, TV, 未分類, 都市伝説
-, , , , , , , , , , , ,

Copyright© いま話題のトレンドニュース , 2019 AllRights Reserved.