芸能から街の噂までおもしろそうな話題をお届け!

いま話題のトレンドニュース

iPhone TV 未分類 都市伝説

イギリスで起こったUFO墜落事件とは?

投稿日:

sponsoredlink

イギリスで起こったUFO墜落事件とは?

1983年、イギリス・ウェールズの小さな村にUFOが墜落するという事件が起きました。

近年、あるUFO研究家がその残骸とされるものを手に入れて公開したことから、

この事件は“ヨーロッパのロズウェル事件”とも呼ばれて注目を集めているとか…。

事件は1983年1月の寒い冬の日に起きて、ウェールズの、

西海岸アベリストウィスの南東にある小さな村スランイラル(llaniar)で、

農業を営むユーウェル・エヴァンス氏は、その朝、

自分の畑に見慣れない金属片や機械の残骸が散らばっているのを見つけました。

それらはまるで飛行機かヘリコプターの部品のように見えたので、

夜の間に事故が起きたのだと思ったエヴァンス氏は、すぐさま警察に通報しました。

 

 

 

航空機とは違う破片を発見する事に…!

エヴァンス氏は4つの畑で多数の金属の破片を発見しました。

破片の一部は灰色がかった緑色という奇妙な色をしており、

蜂の巣のように見えるものもあったそうで、最初に村にやって来た、

空軍の調査チームによると、軍用機は墜落しておらず…、

見つかった破片は既知の航空機とは違うようだとエヴァンス氏に話したそうです。

人類滅亡!?日本から救世主現る?!

その後二番目の調査チームが村に来て、畑を非常線で、

囲って徹底的な捜索と調査が行われたそうです。

このチームには英国防省の人物もいたらしく…、

大きな残骸から小さな金属片まで、全てを持ち去ったとか…。

のちにエヴァンス氏はこの時の様子を、ジェームス・ボンドの映画か何かのようだった…と語っています。

数週間後、国防省はこの事件に関する公式発表を行ったようですが…、

墜落した飛行機や軍用機はなく、近隣のレーダーも、

そのような事故を検知していないということを報告しただけで、

回収された残骸の分析結果や現地調査の結果などは明らかになっていないそうです。

これだけ奇妙な事件にもかかわらず、当時この一件を報じたのは、

同年1月23日付のExpress紙だけで、この忘れ去られた事件の、

再調査に乗り出したのは、英国のUFO研究家ゲイリー・ロウ氏です。

sponsoredlink

ロウ氏らはスランイラルに向かい、事件の目撃者や関係者にインタビューした他、

周辺の森を捜索して残骸が残っていないかを調べて、

いくつかの破片を入手することに成功したのです。

令和記念!?日本上空で UFOが…!?

 

 

地球上にはない物質…その物質とは何か?

見つかったのはくしゃくしゃになった薄い金属片やハニカム構造を持つ金属などです。

専門家にその一部を送って分析を依頼したが、

ジュラルミンに似た合金としかわからなかったとか…。

破片を覆っていた灰色がかった緑色の塗料についても、

正体は不明という結果だったらしいですが…。

ロウ氏らは現場の再調査を計画していたが、そこにエヴァンス氏から、

破片を見つけた森は伐採され、土壌も全て入れ替えられた上、

立ち入り禁止区域になったという驚くべき連絡が届いたのです。

2019年…世界崩壊!?まず日本!?

またロウ氏のところにはスーツ姿の男が現れ、

見つけた証拠品を全て引き渡すように求めたとそうです。

この手の事件につきものの、明らかな隠蔽工作であったのです。

サウスウェールズUFOネットワークが行ったインタビューの中で、

ロウ氏はこの貴重な証拠品を公開していました。

ロウ氏によると、未だに破片は狙われており、

普段は秘密の場所で管理しているとのことです。

また、破片の再調査に強い意欲を持っていて…、

安全が確保でき次第、検査を再開したいと言っています。

忘れられたヨーロッパのロズウェル事件の真実が明かされる日は近いかもしれない…。

山手線はなぜ作られたか?陰陽師にまつわる話…

sponsoredlink

-iPhone, TV, 未分類, 都市伝説
-, , , , , , , , , , , , , , ,

Copyright© いま話題のトレンドニュース , 2019 AllRights Reserved.