芸能から街の噂までおもしろそうな話題をお届け!

いま話題のトレンドニュース

iPhone TV 未分類 都市伝説

米国がグリーンランドを欲しがる理由

投稿日:

sponsoredlink

米国がグリーンランドを欲しがる理由

8月20日、米国のドナルド・トランプ大統領は今年9月に、

予定していたデンマーク訪問を取りやめる…と発表しました。

トランプ大統領はこの“ドタキャン”の理由を、

デンマークのメッテ・フレデリクセン首相が…、

グリーンランド購入について話し合う気がないから…だと自身のTwitterで明らかにしています。

グリーンランドは北大西洋と北極海にまたがる世界最大の島で、

その面積は日本の5.7倍にもなり、第三次世界大戦が起きても、

安全な場所の一つとされていて、“シェルター”として重要な場所とも言われています。

かつてはデンマークの植民地であったが、現在は自治権を獲得しており、

独立運動も活発に行なわれているとはいえ、この島に住む5万人は、

デンマーク国民とみなされて、必要な予算の多くを支出して、

軍事的に保護を行っているのもデンマークであります。

 

 

地下資源と北極圏航路権利獲得

米国がグリーンランドを欲しがる理由として、

北極圏をめぐる中国やロシアとの緊張の高まりが挙げられています。

グリーンランドは大陸間弾道ミサイルや人工衛星の追尾に格好の場所であり、

かねてより中国も基地や空港を置こうと画策しています。

米国としては軍事的に何としても確保したい場所であるのは確かです。

また、地下資源と北極圏航路の利権獲得が目的ではないかという声もあります。

北極圏に位置するグリーンランドは分厚い氷に覆われています。

その地下には石油など様々な資源が眠っています。

“地球温暖化”によってグリーンランドや北極海の氷は徐々に溶けつつあり、

いずれ地下資源採掘も容易になり、北極海を航路として使うことも可能になると言われています。

人類滅亡!?日本から救世主現る?!

地球温暖化は否定するがその“果実”は見逃さない…、

さすがは不動産王と呼ばれたトランプ大統領です。

sponsoredlink

しかし、真の目的は別のところにあるとも考えられています。

しかし、米国がグリーンランド獲得に乗り出した本当の理由は別にあるという指摘もあります。

その一つが、かつて米国がグリーンランドに密かに作っていた地下都市の存在です。

英The Guardianの記事(2016年9月27日付)によると、

米軍は1960年代、グリーンランドの北西沿岸部から内陸に220キロほどの場所に、

極秘の地下施設“キャンプセンチュリー”を建設しています。

人類滅亡の救世主は…宇宙人!?

 

 

以前米国はグリーンランドに基地をつくった…そして…その地域はUFO多発地帯!

この施設の存在はデンマーク政府にすら知らされず、

小型の原子炉まで持ち込んだ本格的なミサイル基地として運用されていました。

この基地内には研究所や住居のみならず、小売店や病院、

映画館、礼拝堂なども併設され、一時は200人もの兵士が配置されていたらしいです。

しかしその運用は10年ほどで終わり、汚染物質や廃棄物などを内部に残したまま閉鎖されました。

グリーンランドの氷が永遠に全てを覆い隠してくれるという予測ゆえの行為だったのですが…、

最近では“地球温暖化”によっていずれ氷の下から姿を現わすだろうと言われています。

また、実はグリーンランドは“UFO多発地帯”として知られています。

過去には海から高速で飛び出してくるUFOが目撃・撮影されており、

周辺の海にはUFOの基地があるのではないかとも言われているのです。

日本がなんと…核を製造している!?

となれば、グリーンランドの極秘地下施設でもUFOの研究が行われていたのでは…?

米国はこの機密を守るためにも、グリーンランド全体の権益を必要としているのかも…?

世界を騒がせているトランプ大統領のデンマーク訪問“ドタキャン騒動”ですが、

その裏には非礼や無礼を世界的になじられてでも、

グリーンランドを確保しなければならないと言っています。

米国の焦りと切羽詰まった事情が隠されているのかもしれないです。

日本にもある…タイムトラベラーの話

sponsoredlink

-iPhone, TV, 未分類, 都市伝説
-, , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,

Copyright© いま話題のトレンドニュース , 2019 AllRights Reserved.