芸能から街の噂までおもしろそうな話題をお届け!

いま話題のトレンドニュース

iPhone TV 未分類 都市伝説

仮想通貨リブラが発行同時に攻撃を受ける?!

投稿日:

sponsoredlink

仮想通貨リブラが発行同時に攻撃を受ける?!

フェイスブックが発行を計画する仮想通貨“リブラ”が、

発表と同時に世界の金融界のトップから激しい攻撃を受けているとか…。

計画が発表された直後に開催されたG20の公式議題にのぼったことで、

先進国の蔵相、中央銀行総裁も次々とリブラに関して懸念を表明しました。

その存在が放置されているビットコインとは正反対の動きです。

なぜ世界の金融界の指導者たちがリブラを非難するのでしょうか…?

表向きには、リブラが世界の金融インフラに与える影響が急速で大きいから…と言われますが、

本音の部分は違い、本当の理由は、いずれ強大化したリブラが、

世界各国の中央銀行の通貨発行権を侵食するに違いないから…ということらしいです。

 

 

 

歴史上…通過発行権に挑んだ者はことごとく排除される

通貨発行権は、世界の支配者層が希求するNWO(新世界秩序)の実現にとって不可欠な材料です。

かつてアムシェル・ロスチャイルド氏が、われに通貨発行権を与えよ…と宣言して以降、

世界を操ろうとする者たちは“究極の権力の源”として中央銀行を支配しようと試みてきました。

米ドルを発行する連邦準備銀行や円を発行する日本銀行が、

政府機関ではなく民間金融機関である上、その株主情報が、

十分に開示されていない機関であることは広く知られています。

山手線はなぜ作られたか?陰陽師にまつわる話…

実際にはそれら中央銀行はロスチャイルド氏、ロックフェラー氏、

イギリス王室、バチカンなどが支配するコンソーシアムの手にあり、

金融政策の名のもとに通貨を発行するたびにNWOに無限の利益をもたらす構造があります。

歴史上、これまで通貨発行権に挑んだ者はことごとく排除されています。

アメリカ合衆国では、これまで3人の大統領がアメリカ政府の通貨を発行しようとしました。

第16代のリンカーン、第42代のケネディは暗殺されました。

アメリカ連邦準備銀行(FRB)設立前の民間中央銀行だった第二合衆国銀行を、

閉鎖した第7代のアンドリュー・ジャクソンはアメリカで、

sponsoredlink

最初に暗殺を企てられた大統領になり、そしてNWO勢力は、

それ以降の大統領たちに自分たちが通貨当局の手の内にあることを忘れさせないように、

アメリカ通貨に、発行権に挑戦して死した大統領たちの肖像を刻んでいます。

ではフェイスブックの創業者マーク・ザッカーバーグ氏も暗殺されてしまうのでしょうか…?

実は2つのまったく正反対の情報が入ってきています。

人類滅亡!?日本から救世主現る?!

 

 

 

ロックフェラーの孫?!ザッカーバーグ代表?!

ひとつはザッカーバーグ氏はNWO側の上層部、

300人委員会による”抹殺リスト”に入ったというものです。

いずれ何らかの不名誉な形で社会的に抹殺されるか、

または物理的に処分され、それとともにフェイスブック社の、

経営計画は後継経営者によって書き換えられることになっているというものです。

しかしもうひとつ、正反対の情報があり、リブラを推し進めているのは、実はNWO側そのものだと…。

その背景には、世界の中央銀行が21世紀に入り急速に機関化してしまったことです。

20世紀後半の数々の金融危機や2008年のリーマンショックを経て、

中央銀行が機構的にしか動かないマシーンに変わってしまいました。

Dの意志・プルス・ウルトラの秘密とは…?!

NWOが恣意的な通貨政策を発動させる際に、官僚組織的な邪魔が頻繁に入るようになってしまい、

そのことに対して新しい計画が必要になったというのです。

そこでNWO(新世界秩序)が目をつけたのがデビッド・ロックフェラーの、

孫ではないかと噂されるマーク・ザッカーバーグ氏です。

彼にリブラを発行させ、それを支配するリブラ・コンソーシアムには、

ゴールドマンサックス、モルガンスタンレーなど名だたる金融界の支配企業たちを配置するとか…。

そのことを通じて次世代の通貨発行権を掌握する計画だというのです。

どちらの情報が正しいのかは現時点では判断がつかないそうです。

しかし、一つだけはっきり言えることは、マーク・ザッカーバーグの運命を注視しておくことで、

彼がどちらの側の人間なのか、今後数年間のうちに判明するだろうということです…。

イギリスで起こったUFO墜落事件とは?

sponsoredlink

-iPhone, TV, 未分類, 都市伝説
-, , , , , , , , , , , , , , , , , , ,

Copyright© いま話題のトレンドニュース , 2019 AllRights Reserved.