芸能から街の噂までおもしろそうな話題をお届け!

いま話題のトレンドニュース

iPhone TV 未分類 都市伝説

ブラックホールからUFOが飛び出している?!

投稿日:

sponsoredlink

ブラックホールからUFOが飛び出している?!

ブラックホールから“UFO”が出てきていることが最新の研究で明らかになったとか…。

このニュースは多くの海外UFO・オカルトサイトでも話題になっていますが…、

実はUFOと言っても未確認飛行物体ではなくて、

Ultra Fast Outflow(超高速アウトフロー)の頭文字を取ったものです。

超巨大ブラックホールから放出されるこのUFOが、

銀河の形成に重要な役割と担っていることがイタリア・ブレラ天文台の、

物理学者ロベルト・セラフィネリ博士らの研究で分かったのです。

米のFox News(8月21日付)が報じています。

 

 

 

 

欧州宇宙機関がある銀河系を調査したら…信じられない事が…?!

UFOの正体はイオン化された高熱ガスであり…、

いくつかの銀河において中心が闇に包まれているのはUFOの為らしいです。

セラフィネリ博士によると、これまで超巨大ブラックホールの密度と星が、

拡散する速度には相関関係があることは分かっていました。

日本がなんと…核を製造している!?

しかし、ブラックホールの重力効果だけでは説明できなかったそうです。

そこで、PG 1114+445という銀河を研究したところ…、

欧州宇宙機関(ESA)のX線観測衛星のデータからUFOが流れ出ていることが明らかになりました。

UFOはブラックホール近くの電離吸収体に送られて、

信じられないようなスピードで吹きすさんでいたそうです…。

この状態をセラフィネリ博士は“同伴UFO”と名付けたとか…。

同伴UFOは、ちょうど海上のボートを押す風のようなもので、星間物質を押し流しているとのこと…。

同伴UFOが観測されたのはこれまでにわずか6回で電離吸収体の他に、

もう1つのアウトフローがあることは知られていましたが、

まだまだ分からないことは山のようにあるそうです。

同伴UFOが検知されたのは6回目です。これは全く新しい知識なのです。

ブラックホールから流出するアウトフローは観測されてきましたが、

sponsoredlink

それらの繋がりは分かっていませんでした…と、セラフィネリ博士が話しています。

同伴UFOが繰り返し起こる現象なのか、比較的珍しい現象なのか…?

これから研究するとのことで、セラフィネリ博士は、

今後10年で多くのことが発見されるだろうと期待を膨らませているとか…。

ビルダーバーグ会議、人類選別は始まっている…?!

 

 

 

宇宙人は…ブラックホールに住んでいる?!

ところで、超巨大ブラックホールからは未確認飛行物体の方の、

UFOも飛び出しているかも…というのも、ロシア科学アカデミーの、

宇宙学者ヴャチェスラフ・ドクチャーエフ博士が、

2011年にコーネル大学の電子ジャーナルarXivに発表した論文によると…、

超高度な科学力を持つ宇宙人がブラックホールの中に住んでいるというからです。

2039年…人類は究極の進化をする?!

ドクチャーエフ博士は、回転するブラックホール内部についての、

理論的な計算を繰り返し行った末、ブラックホール内部の一部領域に、

安定的で規則的な周回軌道が存在していることを突き止めたのです。

この軌道上にいったん乗ってしまえば、中心に吸い込まれることなく、

永続的に周囲を周回し続けることができるのです。

結局のところ地球が太陽の周囲を回っているように、

超大質量ブラックホールの内部でも中心から一定の距離を保った周回軌道があり、

その軌道上で宇宙人たちは暮らしているというとか…。

とはいえ、安定した軌道から抜け出ることは危険です。

この周回軌道は、実はブラックホール特有の事象の地平面(event horizon)に存在し、

そこを越えればブラックホールへ落ちてしまうそうです。

まさに瀬戸際の境界線上にある事象の地平面なのです。

すると宇宙人らは、ブラックホールの外に出るために、

高速アウトフローを利用している可能性もあるでしょう…。

宇宙船を高速アウトフローの風に押してもらって安全な場所まで出ているかも…?!

ノストラダムス大予言は続く…2019年はヤバい?!

sponsoredlink

-iPhone, TV, 未分類, 都市伝説
-, , , , , , , , , , , , , , , , , , ,

Copyright© いま話題のトレンドニュース , 2019 AllRights Reserved.