芸能から街の噂までおもしろそうな話題をお届け!

いま話題のトレンドニュース

iPhone TV 未分類 都市伝説

元米空軍少佐が告る…宇宙人を射殺?!

投稿日:

sponsoredlink

元米空軍少佐が告る…宇宙人を射殺?!

1978年、米ニュージャージー州の米軍基地で、

憲兵がエイリアンを射殺するという衝撃的な事件が起きました。

元空軍の諜報員が最近になって明かした、異様な事件の全貌とはいかに…。

事件があったのは1978年1月18日の早朝でした。

凍えるような寒さと夜明け前の闇に包まれた米ニュージャージー州の、

フォート・ディックス陸軍基地を、憲兵を乗せたピックアップトラックが走っていました。

その数時間前の深夜2時ごろ、基地の上空を通過する不審な低空飛行機が確認されており、

トラックはその飛行機を追って荒野を駆けていった。

捜索が始まって1時間ほどした頃、トラックに乗っていた憲兵の一人が、

上空に青緑色に輝く楕円形の飛行物体を見つけました。

それは彼らのちょうど真上にホバリングしていて…、

さながらホラー映画のワンシーンのようだったとか…。

 

 

 

身長4フィート程の二足歩行の生物…それは地球では見たことがない?!

その時だった。車のヘッドライトに照らされて暗闇の中に突如、

奇妙な影が浮かび上がった。それは身長4フィート(約122センチ)ほどの二足歩行の生物で、

大きな頭と長い腕を持ち、ほっそりとした体つきをしていました。

頭上に浮かぶ奇怪な飛行物体に加え、見たこともない、

不気味な生物を目の当たりにした憲兵達はたちまちパニックに陥りました。

ビルダーバーグ会議、人類選別は始まっている…?!

彼らはその生物に向かって静止して伏せるよう叫びましたが…、

それが歩みを止めることはなかった…そして彼らは、

携帯していた45口径のハンドガンをその生物に向けて発射しました。

sponsoredlink

5発の弾丸を受けた生物はそれでも逃げようとしたというが、

マクガイア空軍基地に入り込んだあたりで倒れ込んで動かなくなったらしいです。

胎児のように身を丸くした遺体からは、アンモニアのような悪臭が漂っていたとか…。

遺体はその日のうちに、オハイオ州のライトパターソン空軍基地からやってきたクルー達によって回収されます。

日本がなんと…核を製造している!?

 

 

米軍はどのくらいUFO、宇宙人の情報を持っているのか…?

この事件はその後1980年代にエイリアン研究家らの間で話題になりましたが、

最近になって、“これは事実だ”と証言する者が現れました。

元米空軍少佐のジョージ・ファイラー3世さん(84歳)です。

ファイラーさんは直接エイリアンの遺体やUFOを目撃したわけではないですが、

その日の朝の騒ぎを目撃しており、目撃者の何人かから直接事情を聞いたらしいです。

クロアチアで1500年前の頭蓋骨が発掘!しかも…それがまた変わった形らしい?!

空軍はその後全てを極秘として事件そのものを隠蔽してしまったといますが…。

あれは宇宙から来たエイリアンでした…とファイラーさんは断言しています。

ファイラーさんはフォート・ディックスに隣接する、

マクガイア空軍基地に勤務していた元諜報部員で2018年12月に発表された…、

ジョン・L・ゲラ著『Strange Craft:The True Story of An Air Force Intelligence Officer’s Life with UFOs』の中で、

彼が軍人時代に見聞きしたUFOやエイリアンに関して様々な証言を行なっています。

この事件の詳細も、彼が暴露した情報の一つです。

米軍は一体どれだけ多くの事件を隠蔽してきたのだろうか…?

エイリアンが射殺されたという衝撃的なこの事件も、その氷山の一角に過ぎないですよね…。

人類滅亡!?日本から救世主現る?!

sponsoredlink

-iPhone, TV, 未分類, 都市伝説
-, , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,

Copyright© いま話題のトレンドニュース , 2019 AllRights Reserved.