芸能から街の噂までおもしろそうな話題をお届け!

いま話題のトレンドニュース

iPhone TV 未分類 都市伝説

アメリカ…遂にイランへUFOで攻撃?!

投稿日:

sponsoredlink

アメリカ…遂にイランへUFOで攻撃?!

14日未明、サウジアラビア国営石油会社サウジアラムコの石油生産施設が攻撃を受けました。

イランが関与しているものと見られ、米国は同国への制裁を強化する見通しです。

イランが支援するイエメンのイスラム教フーシ派は、

爆撃に使用されたのは10機あまりのドローンだと犯行を認めていますが…、

一方アメリカもとんでもないドローンでイランを攻撃していた可能性が浮上したとか…。

なんと、エイリアン技術を用いた地球製UFOだというのです。

9日にツイッターアカウト@khaamenei_irが、驚愕の映像を投稿しました。

速射砲の嵐の中、一機のドローンが全ての弾丸を避けながら高速で飛行している映像です。

英紙のDaily Star(9月18日付)によると、この映像は8日に撮影されたもので、

場所はパキスタン国境に近いイラン・サラーバーンらしいです。

 

 

 

 

本当に…地球のモノなのか…?

ずんぐりとしたブーメランのような形の発行体が無数の速射砲を悠々とかわしていきます。

SF戦争映画のような光景だが、実際に撮影されたものなのでしょうか…?

真偽のほどは分かっていないが、ネット上ではさまざまな憶測が飛び交っています。

ツイッターアカウント@khaamenei_irは、アメリカの、

無人機ではないかと推測しているものの、これは疑わしいとか…。

今年6月に米軍無人機のRQ-4Aグローバルホークが、

領空侵犯によりイランで撃墜されていますが、

形状が全然似ていないばかりか、機体が光るような装備もない…。

2019年…世界崩壊!?まず日本!?

そうした中、陰謀論系YouTubeチャンネルDiscloseTVは、

群は無人のスパイ機だと考えているが、この飛行物体は速すぎます。

空中で静止もしているし、旋回も素早く、急な加速もしています。

エイリアン技術だと見るべきでしょう。エイリアンの、

UFOもしくは、地球製UFOです…と指摘しています。

他にも、イラン革命軍はUFOを撃墜しようとしている…とか、

全体が光り輝き、速度も速い。アメリカかイスラエルの機密テクノロジーに違いない…とか、

あの砲撃の中に普通のドローンが入ったら5秒ももたない…等との声があり、多くの人がUFOだと考えているようです。

以前より、米軍はUFOのリバースエンジニアリング(逆行解析)によって、

作り出した極秘戦闘機TR-3Bを所有すると噂されてきました。

今年米空軍はUFOそっくりの航空機の特許を取得しています。

sponsoredlink

同機には、自ら重力波を発生させ、慣性力を抑える機能や、

機体の溝に満たされたガスを振動させることで強力な電磁波を生み出す、

機能が備え付けられており、しかも、こうした機能により、

機体の周囲を真空にすることができるため、空中のみならず、

海中でも、宇宙空間でも自由に行き来できるというのです。

イルミナティカードとフリーメイソンと人工知能

 

アメリカが…超高度技術を持っている?!

英国国防省でUFOや未解決事件を担当し、イギリスの、

モルダー(ドラマ『X-ファイル』の捜査官)の異名をもつ、

UFO研究家のニック・ポープ氏によると、2004年に、

米航空母艦ニミッツが遭遇したチクタクUFOと米空軍が特許を取得した戦闘機には類似点があるとか…。

空中と海中を飛行できるハイブリッドクラフトという意味では、

ニミッツが2004年に遭遇したUFOと奇妙な類似を見せています。

ニミッツ事件と今回の特許の関係は興味深いものです。

人間選別始まる…2018年から始まる!?

そして両者を結びつけているのが米空軍だというのも興味をそそられます…と話しています。

また、一昨年にその存在が明らかになった米軍の、

先進的航空脅威識別プログラムでは、反重力の航空宇宙応用、

真空に基づく先進的宇宙推進力、ポジトロン宇宙推進力、先進的、新型核融合推進、

電磁流体力学酸素吸入推進と電力の航空宇宙応用、

負の質量推進力などといった多くの“エキゾチック”な、

推進システムが研究されていたことも注目すべき点だとポープ氏は語っています。

こうした状況証拠から米国がリバースエンジニアリングを、

行っている可能性は高いと見ていいでしょう…。

しかし、今回の飛行物体をTR-3Bもしくは米国製UFOだと早々に判断することは難しい。

というのも、もし撃墜されてしまったら、イランに、

エイリアン技術を盗まれてしまうからで…これまで温めてきた、

虎の子の技術を米国がそう簡単に手渡すとは思えません。

もしかしたら、この航空機でなければできない極秘のミッションが、

あったのかもしれないが、それにしてもリスクが大きすぎます。

すると、地球外生命体のUFOという線も浮上するが、果たして…?

彼らがイランに対して攻撃しているとすれば…、

宇宙人は米国を支援しているということでしょうか…?

都市伝説 天皇家の生い立ちと歴史

sponsoredlink

-iPhone, TV, 未分類, 都市伝説
-, , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,

Copyright© いま話題のトレンドニュース , 2019 AllRights Reserved.