芸能から街の噂までおもしろそうな話題をお届け!

いま話題のトレンドニュース

iPhone TV 未分類 都市伝説

美しいミイラ…イヌイットの8人家族

投稿日:

sponsoredlink

美しいミイラ…イヌイットの8人家族

つい最近、ドナルド・トランプ米大統領が購入の意思を示して、

話題になった北極圏の島国グリーンランドですが…。

1970年代、この凍り付いた島で、非常に保存状態が良い8体の、

イヌイットのミイラが発見され…、8体のうち1体は、

髪の毛や眉毛も残る生後わずか6カ月の赤ちゃんのミイラで、

最近の研究によれば、母の遺体と共に生き埋めにされてしまったのだとか…。

ミイラが発見されたのは1972年、場所はグリーンランド西部ウマナック島近くの、

半島にあるキラーキッチョックの洞窟で、発見者はハンターの一行だったそうです。

ミイラのあまりによく保存されていたため、発見者らは、

最近の遺体だと思い込んで警察に通報したそうです。

だが後の調査で、遺体はおよそその500年前…、

1475年頃の自然に乾燥してできたミイラだと判明しました。

洞窟の近隣には放棄されたイヌイットの居留地があったそうです…。

 

 

 

8人はどうやら…血縁関係で、アザラシやトナカイの毛皮で覆われていた?!

1メートルほど離れた二つの墓から見つかった計8体のミイラは、

50歳代の三姉妹とその娘とみられる3人の女性、

そして4歳の男の子と生後6カ月の赤ちゃんでした。

8人は血縁関係にあったようで、遺体はどれもアザラシやトナカイから作った、

暖かな毛皮の服で包まれており、ほぼ同時期に死亡し、埋葬されたとか…。

2026年には…氷河期が来るかも…?!

詳細な死因はわかっていないが、6人の成人女性は、

腎臓結石や便秘など健康問題で自然死したものと推測されています。

これらのミイラは土葬された遺体が凍結、自然乾燥して、

sponsoredlink

偶然ミイラ化したものと考えられており、一部は白骨化しているが、

5人の女性たちの額や顎には特徴的な刺青も残っていました。

これは社会的立場や地位を示すものとみられて、

一番若く未婚と思われる女性には刺青はなかったそうです。

髪の毛や爪が残るなど、とても500年前のものとは思えないほど、

保存状態が良好だった原因は、地中の温度が0度以上にならなかったこと、

そしてその体が毛皮の服や布で巻かれて保護されていたことにあると考えられています。

トランプ大統領… UFO情報入手!?

 

 

一体どんな理由でミイラにされてしまったのか…?

いくつもの偶然によって作られた、まさに奇跡のミイラなのです。

ミイラの中でもとりわけ注目されたのは2人の子供です。

成人女性たちが自然死とみられる一方、子供たちは、

生きたまま埋められたのだと考えられているからです。

かつてイヌイットには母親が死ぬと、その遺体と一緒に、子供を埋める習わしがあったとか…。

世話する者がおらず餓死させるくらいならば…と、

せめて死後の世界で母子が一緒に暮らせるようにとの思いからだったと推測されています。

人類最古の遺跡?!ギョベクリテペの謎?

また、4歳の子供にはダウン症の形跡があったそうです。

熱心に世話をしてくれる母親なしで、子供が生き抜くことは難しい…、

そんなかつてのグリーンランドの苦しい生活がうかがわれる悲しい習慣では…。

現在、8体のミイラのうち4体は、グリーンランド首都ヌークの国立博物館に展示されています。

“緑の島”という名に反して大部分が氷床と万年雪に覆われた島で、

人々がどのように生き抜いてきたのか、8体のミイラはその貴重な証言者では…。

2019年…女性預言者の重大な予言

sponsoredlink

-iPhone, TV, 未分類, 都市伝説
-, , , , , , , , , , , , , , ,

Copyright© いま話題のトレンドニュース , 2019 AllRights Reserved.