芸能から街の噂までおもしろそうな話題をお届け!

いま話題のトレンドニュース

iPhone TV 未分類 都市伝説

フランスの史上最悪のUFO事件とは?

投稿日:

sponsoredlink

フランスの史上最悪のUFO事件とは?

今までにも未解決UFO事件は、世界にも色々とあるとは思いますが…。

その中で、最も徹底的かつ慎重に調査された未解決UFO事件を紹介します。

1981年、フランス南東部ののどかな町トラン=アン=プロヴァンスに、

突然宙に浮かぶ謎の物体が現れるという事件が起きました。

物体は目撃者の目の前で即座に再び空に飛んで行き、

地面には燃えたような跡が残され…、フランスの政府機関が、

証拠を収集・調査したことで知られる、トラン=アン=プロヴァンス事件です。

事件が起きたのは1981年1月8日の午後5時頃のことでした。

トラン=アン=プロヴァンスの郊外に妻と共に暮らすニコライ氏(仮名)は、

段丘の上にある自宅の庭で水ポンプの小屋を建てる作業中、

口笛のようなかすかな音を耳にした。ニコライ氏が振り返ると、

40メートルほど離れた場所に、宙に浮かぶ不思議な物体があったとか…。

 

 

 

それは…受け皿を2枚付けたような形…

それは背の高い松と同じくらいの高さに浮かび、回転はしておらず、

口笛のような音がわずかに聞こえて、物体の下部には四つの開口部があったそうです。

しかしながら…、火や排気を噴き出している様子はなかったそうです。

また、下部には20センチほどの脚部のような突起もあり、物体は徐々に高度を下げてきました。

ニコライ氏は少し高い場所に移動して、30メートルほど離れた場所から物体を観察しました。

物体はすでに地面に着陸していた。それは直径2〜2.5メートル、

高さ1.5メートルほどの円盤で、受け皿を二枚くっつけたような形をしており、

その縁は15センチほど隆起していて、物体の周囲をリングのように取り巻いていました。

sponsoredlink

HAARPで地球上空に穴を開けた?!

そして、物体は下からホコリを吹き出しながら垂直方向に浮き上がって、

北東に向かって高速で飛び去っていき、その間、

なんと…、わずか1分にも満たない出来事だったとか…。

ニコライ氏が物体が着陸していた場所に行くと、

そこには焦げたような丸い跡が残っていたそうです。

アポロ計画の元パイロットのヤバい証言?!

 

 

本当に…何も分からないままだったのでしょうか…?

翌日、妻や隣人と相談の上、ニコライ氏は自分が見たものを、

地元の憲兵隊に連絡することにして、彼らはニコライ氏に話を聞くと、

現場写真を撮ったり土や植物のサンプルを撮ったりしていました。

また、この一件はフランス政府のUFO調査機関GEPAN(現在のGEIPAN)によって調査され、

そのレポートも公表されています…、それによれば、

地面に残った痕跡は物体と地面との摩擦または衝撃によって、

加熱されて生じたものと思われるが、どのように付けられたのか、

はっきりした説明をつけることは難しいと語っています。

イーロン・マスクは…火星人なの?!

曰く、このトラン=アン=プロヴァンス事件は…、

これまでで最も徹底的かつ慎重に記録されたUFO目撃事件だと言われています。

政府機関の専門家が詳細に調査したにも関わらず、

結局何もわからないままの物体の正体とは何だったのでしょうか…?

米国がグリーンランドを欲しがる理由

sponsoredlink

-iPhone, TV, 未分類, 都市伝説
-, , , , , , , , , , , , , , ,

Copyright© いま話題のトレンドニュース , 2019 AllRights Reserved.