芸能から街の噂までおもしろそうな話題をお届け!

いま話題のトレンドニュース

iPhone TV 未分類 都市伝説

マヤ暦…実はまだ残りがある?!

投稿日:

sponsoredlink

マヤ暦…実はまだ残りがある?!

中央アメリカでかつて使われていたマヤ暦は、

周期の異なるサイクルを複数組み合わせた非常に複雑な仕組みを持っています。

その複雑さと神秘性ゆえに、マヤ暦から未来を予測しようという試みが続けられており、

過去には2012年の長期サイクルの終わりが世界滅亡を、

予言しているとの主張が世界的に話題となりました。

そして今も、マヤ暦から世界的な危機を予言して、

警告を発している人々がいる。英紙Expressが10月5日付で報じています。

マヤの長老ドン・カルロス・バリオス氏はマヤ暦を研究し続ける人物の一人で、配信中の

ドキュメンタリーシリーズ、MAYAN REVELATIONS:

DECODING BAQTUNにも出演し、その深い知識を披露しています。

 

 

 

 

今後…26年間人類がどのように生きていくのか…?

バリオス氏は先祖代々伝えられてきたマヤ暦の重要性について、

我々は数千年前、祖先たちが見たものを知っているのです…と表現しています。

そして2016年、彼はマヤ暦における13年サイクルが現在の世界的な自然災害を示唆し、

今後もっと悪くなるとして、次のようなことを語っています。

イラク戦争の本当の理由とは…?

13年周期の次のサイクルは空気の要素とエーテルに関連したサイクルです…。

2012〜16年にかけて自然災害が発生し、2026年以降にはもっと悪くなるでしょう…。

これから26年間、人類が今のように生き抜くことができたなら、

すべての人々の間に特別なつながりが生まれるでしょう…。

sponsoredlink

驚くべきことに、バリオス氏はこの数年世界的に多発する、

自然災害を予言するかのような発言をしており、

その傾向が今後も続いていくと語っているのです。

また前述のドキュメンタリーにも出演するマヤ研究家エリザベス・ティエリオ氏は、

古代マヤの人々が信じていた…エーテルと呼ばれる、

宇宙的なエネルギーの存在を指摘されています。

山手線はなぜ作られたか?陰陽師にまつわる話…

 

 

本当に…どうなるのか…?人類滅亡はするのか…?

ティエリオ氏によれば、最近の宇宙物理学でこのエーテルの存在は、

証明されつつあるといい、古代マヤ人たちはこのエネルギーの変遷を、

元にマヤ暦を作り上げたのだと主張し、そしてさらに、

我々がすぐに行動しなければ、世界は最終段階にあるのです…と、

ティエリオ氏はバリオス氏の予言に賛同しているのです。

FBIがある太陽天文台を封鎖!何故?

2012年のブーム以来、世間的にはすっかり忘れ去られてしまったマヤ暦でありますが…、

2012年の滅亡論についてはそもそも解読法が間違っていたとも言われていて、

その神秘性は今も多くの人々を惹きつけてやまないとか…。

一方で、今後数十年間に世界的な気候変動が大問題を引き起こすという、

可能性は科学界からも指摘されており、バリオス氏の語る、

予言との一致はいささか気になるところではないでしょうか…?

古代マヤの人々が一体何を見ていたのか、その詳細が、

現代まで残っていれば…と思わずにはいられないですね…。

プーチン大統領が呪いの呪文を…!?

sponsoredlink

-iPhone, TV, 未分類, 都市伝説
-, , , , , , , , , , , , , , , , , , ,

Copyright© いま話題のトレンドニュース , 2019 AllRights Reserved.