芸能から街の噂までおもしろそうな話題をお届け!

いま話題のトレンドニュース

iPhone TV 未分類 都市伝説

中国の本当にあった… 空軍も認めたUFO事件?!

投稿日:

sponsoredlink

中国の本当にあった… 空軍も認めたUFO事件?!

世界における未確認飛行物体(以下UFO)に関する事件としては、

1947年に起こったアメリカのロズウェル事件が最も有名ですが…。

また、日本でも1975年に起こった甲府事件が知られています。

しかし、中国でUFOの目撃情報は複数あることはあまり知られていないようです。

中国国内では、UFOが着陸した事例も報告されています。

中国に数あるUFO目撃例の中で、もっとも信憑性をもって語られているのが、“貴州UFO事件”です。

事件は1994年11月30日深夜3時頃、中国西南部に位置する、

貴州省貴陽市白雲区で起きて、この地域の住民たちは、

いつもと変わらない静かな夜を過ごしていたが、深夜に突然異変が訪れました。

地域一帯を、巨大な轟音と爆風が襲ったのです。

住民の一部は轟音と爆風の正体について、とても大きな音がして外に出てみると、

空中に巨大な赤と緑色の光を強く放つ物体を見ました。

物体は村の近くの森林の中に落ちていくように消えていった…と地元メディアに証言しているようです。

 

 

夜勤業務の警官2名が駆けつけると…地面から数十センチのところが折れていた…その範囲が尋常ではない

さらに当時、この地域で夜勤業務に従事していた警察官、

羅維俊と王軍の2名の証言によると、空に巨大な赤い光を放つ物体を2つ確認し、

大きな音と立っていられないほどの大きな風が吹いていた…と話しています。

物体の音については、蒸気機関車が走行するときの車輪音を、

大きくしたような巨大な音だったとも証言しています。

その後、日が昇りあたりが明るくなってくると住民たちは、

信じられない状況を目の当たりにする。飛行物体が落ちた森林を確認したところ、

不思議なことに4カ所に分かれ、合わせて27ヘクタール(東京ドーム5.7個分)もの範囲で、

多くの木々がまるで何かとぶつかったかのように、

地面から数十センチの箇所で折れていたのです。

山手線はなぜ作られたか?陰陽師にまつわる話…

中には根元から抜かれたかのように倒れている木もあり、謎は深まるばかりでした。

しかし、この森林の中からは住民が目撃した飛行物体などは発見されませんでした。

この不思議な事件はすぐに地元メディア・貴陽晩報で報じられ、

この白雲区はUFOが墜落した地域として中国全土に広がっていきました。

中国メディアが次々とこの話題を報じたことも影響してか、

ついに中国政府までもが公式に調査を行う事態へと発展したのです。

sponsoredlink

事件発生の翌年95年1月、中国政府は国家直属機関である中国科学院や、

中国建築材料科学研究総院など、公的機関の研究者12名を現地に派遣し調査に乗り出しました。

しかし、調査の後に発表された政府の公式見解は…、

雷を伴った巨大な竜巻が発生し、木々をなぎ倒した…というものでした。

目撃者たちは光を放つ雷を飛行物体と間違えてしまっただけなのでしょうか…?

中国メディアの中には、こうした政府の説明に異論を唱えているものもあります。

事件発生当時、地域一帯を強い強風が襲ったことについて、

窓ガラスが割れるなどの被害が報告される一方で、

なぜかこの地区に多くあった農業用ビニールハウスが1つも壊れていなかったのです。

日本がなんと…核を製造している!?

 

 

中国版ロズウェル事件の真相は…?

また、竜巻によって木が折られたとは言いますが…、

その木々の下の落ち葉などには風で舞い上がったような痕跡が、

全く見られないなど不自然な点も指摘されています。

また折れた木々の一部には高温で焼かれたかのような、

焦げた痕があり、炭化していたことも分かっています。

中国国内でも大きな議論を呼んだ今回の事件だが、それから2カ月後…、

さらに驚くべき事件が発生した。1995年2月9日、

中国中原航空(2000年に中国南方航空に吸収合併)の865便が広州を離陸後、

貴州省へ向け飛行をしていたところ、レーダーが謎の飛行物体を捉えました。

当時、航空機は高度4200mを時速800~900キロで飛行していました。

レーダーが捕らえた飛行物体は、航空機と同じ高度を維持し、

ひし形から円形に形を変えるなどの信じられない変化を見せたのです。

Dの意志・プルス・ウルトラの秘密とは…?!

航空機と飛行物体の間には、距離にして3.7キロほどあったため、

肉眼で捉えることは出来なかったものの、飛行物体の出現した場所こそ、

2カ月前にUFO目撃情報があった貴州省貴陽市の上空だったのです。

なお、この事件発生当時、中原航空の管制塔は未確認飛行物体の存在について、

中国空軍に報告を行っており、調査が行われていました。

調査を行った広州軍区と南海軍区の両空軍部隊は、

未確認飛行物体が存在したことは公式に認めたものの、

その正体については今も明らかにしていないんです…。

この事件後、貴陽市はロズウェル同様、UFOの町として有名となりました。

現在、UFOが着陸したとされる森林は観光地となっているそうです。

中国政府や空軍をも巻き込んだ貴州UFO事件、真相が明らかとなる日は来るのでしょうか…?!

アンコールワット謎に迫る!

sponsoredlink

-iPhone, TV, 未分類, 都市伝説
-, , , , , , , , , , , , , , ,

Copyright© いま話題のトレンドニュース , 2019 AllRights Reserved.