芸能から街の噂までおもしろそうな話題をお届け!

いま話題のトレンドニュース

iPhone TV 未分類 都市伝説

米軍は70年も反重力を研究していた?!

投稿日:

sponsoredlink

米軍は70年も反重力を研究していた?!

ペンタゴン内で2012年まで存在していた極秘のUFO調査計画である…、

先進的航空宇宙脅威認定プログラム(AATIP)では…、

様々な推進システムに加えて“反重力の航空宇宙応用”が、

研究されていたことが明らかになっていますが…。

米軍の反重力研究は今に始まったことではないようです。

軍事ニュースのWar Zone(10月29日付)によると、

なんと米軍は”70年”も反重力を研究してきたらしいです。

米空軍の反重力研究は、1968年~1991年まで、

米・シンシナティ大学の物理学者だったルイス・ウィッテン教授の研究から始まりました。

ウィッテン教授のキャリアは重力、量子重力、一般相対性理論の研究に捧げられているそうです。

 

 

 

反重力の研究の始まりは…ロッキード社?!

ウィッテン教授は50年代にロッキード・マーティン社の前身である、

グレン・L・マーティン・カンパニーの副社長ジョージ・S・トリンブル氏に、

リクルートされ、航空技術の技術的発展に特化した部署に配属されます。

ウィッテン教授がリクルートされた理由は、“反重力”の研究のためだったとか…。

どうして地球?超高度技術の人達が?!

特にトリンブルは反重力研究の急先鋒だったらしいです。

ウィッテン教授は、後にライト・パターソン空軍基地での、

反重力研究にも加わり、空軍でも反重力研究を行っていたそうです。

しかし、何もウィッテン教授の経歴がとりたてて異色というわけではないのです。

航空ジャーナリストのアンセル・タルバート氏の調査によると、

50年代にはほとんど全ての北米の航空会社が重力に関する研究を行っており、

科学者らは反重力の実現について楽観的だったらしいです。

そうした中、空軍が反重力に注目したのも当然の成り行きだったのでしょう。

sponsoredlink

しかし、70年代に入り、直接的な軍事研究以外を禁止する、

マンスフィールド修正条項によって、抽象的な反重力研究は下火になっていったそうです。

ビルダーバーグ会議、人類選別は始まっている…?!

 

 

 

アメリカはもう反重力装置を完成させている?!

民間での反重力研究は引き続き行われており、空軍も影に日向に関わってきたそうです。

そして2006年、米軍研究所(AFRL)の要請で行われた研究では、

2050年までに実現する未来の推進システムが紹介されます。

高周波電磁場を利用した推進薬なしのエンジンです。

反重力という言葉こそ出てこないが、根本にある発想は類似しています。

その後も電磁場を推進力にしようとする研究は続いています。

最近、米海軍が特許を申請しているUFOそっくりの航空機や小型核融合炉も、

もちろん無から生まれたわけではないし、70年に及ぶ反重力エンジン研究があってこそなのです。

ところで、War Zoneによると、こうした研究の歴史は、

機密指定されていない資料から分かったことだそうです。

人類滅亡!?日本から救世主現る?!

つまり、機密情報も含めれば何倍もの研究実績があるということです。

その中にはUFOに関する情報もあるかもしれません…。

今後も続々と耳を疑うようなエキゾチック推進装置が米軍から発表されることでしょう…。

日本がなんと…核を製造している!?

 

sponsoredlink

-iPhone, TV, 未分類, 都市伝説
-, , , , , , , , , , , , , , , , ,

Copyright© いま話題のトレンドニュース , 2019 AllRights Reserved.